秋田県立大学 大学案内2018
51/92

研究テーマMessageみらいへ飛ばす注目の 研究 藤先生は、何事にもアクティブで研究熱心です。毎日早朝から研究室や圃場、バイオテクノロジーセンターを行ったり来たりしていて、とても忙しそうです。しかし、学生のために親身になって一生懸命に指導してくださる学生思いの先生です。 本学には、最先端の基礎研究から実践的なフィールド研究に対応できる充実した施設・設備が整備されています。また、学内は常に清潔に保たれていているのが特長です。開学して20年にもならない新しい大学ですが、教職員と学生との距離が非常に近く、気軽に相談できる雰囲気の大学です。是非、この大学で学んでみてください。StudentVoice生物生産科学科西村 真帆さん[4年]秋田県/花輪高等学校出身ダリアに潜むトマト・ジャガイモの病原体の根絶生物資源科学部生物生産科学科藤 晋一 教授 (バイオテクノロジーセンター長)Fuji Shin-ichi植物生産基礎グループ専門分野/植物病理学 ヒトや動物に感染する病原体が存在するように、植物に感染する病原体も存在します。ひとたび農作物に病原体が感染すると、収量や品質の低下を引き起こしてしまいます。これら病原体の中に300塩基ほどの環状のRNAからなるウイロイドという病原体が存在します。皆さんが知っているRNAはタンパク質を合成する役割を担っていますが、この病原体のRNAにはタンパク質を合成する能力は無く、植物の力を借りて植物体内で複製します。ウイロイドの中でも最も恐ろしい病原体、ジャガイモやせいもウイロイド(Potato spindle tuber viroid: PSTVd)は、その名の通りジャガイモに感染すると、ジャガイモが収穫できなくなる病気を引き起こします。この病原体はトマトにも感染し、甚大な被害を引き起こします。そのためPSTVdは、国際的に指名手配されている病原体で、発生国ではその根絶が求められています。ところが、平成22年に国内のダリアからPSTVdが検出され、翌年には秋田県でもその発生が確認されました。PSTVdはジャガイモやトマトでは、深刻な被害を引き起こしますが、ダリアに感染していても見た目は全くわかりません。秋田県は日本の有数のダリア産地です。そこで農林水産省と協力しながら、ダリアに潜むPSTVdがトマトにどのような症状を引き起こすのか?さらには、早期発見技術の開発、病原性変異のメカニズムについてバイオテクノロジーを駆使して研究を進めています。Akita Prefectural University 49

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る