秋田県立大学 大学案内2019
48/92

◎高等学校教諭一種免許状(理科・農業)※◎食品衛生管理者資格(任用資格)◎食品衛生監視員資格(任用資格)◎毒物劇物取扱責任者(任用資格)◎食の6次産業化プロデューサー・レベル1、 レベル2(認定資格)取得可能資格活躍が期待される分野取得可能受験資格卒業生の主な就職先◎食品/醸造 ◎医薬品/化学品◎医療・福祉 ◎検査・分析 ◎公務員・公的機関◎甲種危険物取扱者試験応用生物科学科Department of Biotechnology〈県内〉㈱秋田銀行、㈱大潟村あきたこまち生産者協会、生活協同組合コープあきた、㈱たけや製パン、 ㈱北都銀行、㈱ヤマダフーズ 他〈県外〉㈱ヴイ・ディー・エフ・サンロイヤル、大東食研㈱、ニプロファーマ㈱、 日本赤十字社東北ブロック血液センター、 ㈱武蔵野 他バイオテクノロジーで生命現象を究明し、その成果を新たな産業へ。 本学科では、動物・植物・微生物といった幅広い生物全般を対象に、それらの生命現象を、バイオテクノロジーを活用して微生物、組織、細胞、遺伝子、分子レベルで解明しています。そしてその研究成果を活かして、農林水産物に代表される生物資源をより高度に利用することを目指します。そのため生命科学に関連した基礎知識とその応用について学ぶとともに、食品や醸造などの専門知識と技術についても学んでいきます。カリキュラムの特長■ 生物資源の高度利用に関わる基礎の確立と応用分野への展開を学修■ バイオテクノロジーの各分野を学修■ 植物、動物、微生物と広範な生物を対象とした実験実習■ 高度な分析機器の取り扱いを学修■ 食品衛生管理者資格を取得可能な科目群の設定※文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。46

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る