秋田県立大学 大学案内2018
45/92

◦自然環境と共生できる技術や社会システムとは何かを問いかける◦化学、生物学、社会科学の3つを柱とした基礎学力の向上◦「自然や社会に学ぶ」を合言葉としたさまざまなフィールドワークの実践◦自然の仕組みや多面的な環境保全機能の学習◦資源循環型の環境修復技術などの学習◦農業・農村における地域計画手法の習得取得可能資格◎高等学校教諭一種免許状(理科・農業)◎毒物劇物取扱責任者(任用資格)◎樹木医補(任用資格)◎食の6次産業化プロデューサー(認定資格)取得可能受験資格◎甲種危険物取扱者試験活躍が期待される分野◎農・林業ビジネス/流通/造園◎環境修復/土壌修復/水質浄化 ◎廃棄物再生利用 ◎環境アセスメント/環境計量・環境プランナー ◎食品/品質管理卒業生の主な就職先〈県内〉秋田信用金庫、㈱秋田分析コンサルタント、   大潟村農業協同組合、カリモク秋田㈱、   日本赤十字社秋田県支部 他〈県外〉いしづち森林組合、北つくば農業協同組合、㈱コメリ、   ㈱タケショー、階上キューピー㈱、東日本旅客鉄道㈱、   ㈱理研グリーン 他陸域生物圏グループ ◦陸域の生物集団を支える大気・水・土壌・森林資源の成り立ちと持続的な利用と管理についての教育と研究環境管理修復グループ ◦生態系の環境保全機能を調査・解析するとともに質的に悪化した土壌や水環境の修復技術とその適正管理技術の開発 ◦地域資源の循環利用など自然と人間の共生を目指した教育と研究地域計画グループ ◦「環境問題の解決は地域から」という視点から地域の生物資源や循環の利用管理実態を調査・解析 ◦それらを評価し、適正な利用管理の技術と社会システムの実現に向けた参加型の手法の開発・適用など自然と人間の共生を目指した教育と研究基礎生命科学グループ ◦生物学、化学などの基礎教育を担当する他、生命と環境との相互作用を分子生物学や物理化学といった基礎的なレベルで解明し、さらにその知見を応用するための教育と研究カリキュラムの特長資格進路生物環境科学講座秋田県立大学を選んだ理由を教えてください。 小さいころから自然が大好きで、学びながら自然とふれあえる大学を探す中で出会ったのが、秋田県立大学でした。また、学生自主研究制度があり、自分の興味のあるテーマを仲間たちと1年次から研究できることにも魅力を感じました。将来は、秋田県の森林や木材の利活用、管理に携わるような職業に就きたいです。好きな授業や活動について教えてください。 フィールドワークが好きです。生物環境科学科は、畑土壌や河川からサンプルを採取・観察したり、登山や気象観測を行ったりと実習や実験で様々なフィールドワークを体験することができます。また私は、大学周辺の松林の松がれを調査するボランティアに参加しています。森林への関心が深まるうえ、ゆっくり森の中を歩ける貴重な時間になっています。Q1Q2学業はもちろん、サークルも満喫しています。私は軽音サークルに所属して、ライブを楽しんでいます!ふるさとの自然環境から地球環境までを見つめるフィールドに密着した科学。StudentVoice 北村 芽唯さん [生物環境科学科 3年]岩手県/不来方高等学校出身研究グループAkita Prefectural University 43

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る