秋田県立大学 大学案内2018
44/92

 本学科では、私たちの生活に身近な地域から地球規模まで広がる自然環境や生物資源に関わる問題をフィールドに密着しながら発見し、人間生活への生物資源の活用と保全、自然環境の修復と再生などに関する教育・研究を行っています。生物学・化学・環境科学などの基礎を学んだ学生は、4つの研究グループ(陸域生物圏、環境管理修復、地域計画、基礎生命科学)のいずれかに進み、①豊かな自然の成り立ちや健全性に関する研究、環境と調和した農業技術の開発・評価、②八郎湖などの水質改善や劣化した土壌の修復技術の開発、③地域資源の持続的利用による地域社会の活性化に関する研究、④環境中からのレアメタルなどの有用物質の回収など、秋田の山から海までさまざまな生態系を教材としながら、学科内外の異なる専門分野の研究者や地域の人々と手を携えて人間と生物資源をとりまく環境問題の解決や環境と調和した生物資源の効果的利用に貢献します。また、これらを通して学んだ内容は、環境計量士や技術士補といった資格取得にも大きく役立ちます。Department of   Biological Environment生物環境科学科生物資源科学部42 Akita Prefectural University

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る