秋田県立大学 大学案内2018
43/92

◦植物特有の生命の営みを理解するために必要な総合的な基礎学習◦圃場実習や研究室専門実験・演習などの実践的な教育◦植物バイオテクノロジーを利用するための先端的な教育取得可能資格◎高等学校教諭一種免許状(理科・農業)◎毒物劇物取扱責任者(任用資格)◎樹木医補(任用資格)◎食の6次産業化プロデューサー(認定資格)取得可能受験資格◎甲種危険物取扱者試験活躍が期待される分野◎農業/園芸/緑地◎農薬/肥料/種苗 ◎農業ビジネス/公務員◎化学/医薬品◎食料品製造卒業生の主な就職先〈県内〉㈱秋田銀行、㈱伊徳、こまち農業協同組合、   むつみ造園土木 他〈県外〉㈱上総環境調査センター、郡山市農業協同組合、   ㈱JTB関東、雫石町役場、寿がきや食品㈱、日新製薬㈱、   ニプロ㈱、農林中央金庫 他植物生産基礎グループ ◦植物の生態的特性、植物ホルモンなど分子レベルにまで踏み込んだ生理的特性の解明 ◦環境負荷を少なくし物質循環を考慮した生産体系の確立のための教育・研究 ◦各種の植物病原ならびに共生微生物や雑草などの生物間相互作用の解明やその管理技術の構築植物遺伝・育種グループ ◦植物特有のさまざまな機能成分はどのようにして作られるのかの解明 ◦植物は環境に対してどのように適応しているのかなど植物生産に関わる植物の機能の解明植物分子生理グループ ◦植物の光合成に関連した物質生産や植物の細胞分化・形態形成の仕組みを遺伝子やタンパク質レベルで明らかにするとともに、それらを制御・利用するバイテク技術の確立を目指した教育・研究生物活性物質グループ ◦植物の生長や昆虫の行動を制御する活性物質の単離・構造決定、合成および分子レベルでの活性発現機構の解析と、その制御メカニズムに関する教育・研究植物資源創成システムグループ ◦「共生」をキーワードに、共生生物を利用した生物活性物質生産と、 人工共生生態系による省資源型生物生産システムに関する教育・ 研究カリキュラムの特長資格進路生物生産科学講座生物生産科学科の魅力を教えてください。 1年次から植物の専門科目を学ぶことができます。また、先生1人当たりの学生数が少ないため、質の高い指導が受けられます。さらに生物生産科学科では、自分たちで野菜を育てて収穫する圃場実習があり、その実習で収穫した野菜を自分たちで料理して「収穫祭」を開いて来ていただいた方々に振る舞うイベントもあります。「ためになった」「良かった」と思うことは? 学生自主研究です。研究室に配属になる前の1・2年次に先生に協力していただいて研究を行うことができます。自分が研究してみたいことを一足早く研究することができ、授業以外で実験機器などを操作するいい経験になります。研究室配属後に学生自主研究で行った内容をより深く研究することもできます。Q1Q2研究設備が充実しているため、非常に質の高い環境で研究に取り組むことができますよ!植物バイオテクノロジーで新バイオ産業の振興と地球の持続的発展を。北田 一路さん [生物生産科学科 3年]秋田県/角館高等学校出身StudentVoice研究グループAkita Prefectural University 41

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る