秋田県立大学 大学案内2018
41/92

◦生物資源の高度利用に関わる基礎の確立と応用分野への展開を学修◦バイオテクノロジーの各分野を学修◦植物、動物、微生物と広範な生物を対象とした実験実習◦高度な分析機器の取り扱いを学修◦食品衛生管理者資格を取得可能な科目群の設定取得可能資格◎高等学校教諭一種免許状(理科・農業)◎食品衛生管理者資格(任用資格)◎食品衛生監視員資格(任用資格)◎毒物劇物取扱責任者(任用資格)◎食の6次産業化プロデューサー(認定資格)取得可能受験資格◎甲種危険物取扱者試験活躍が期待される分野◎食品/醸造◎医薬品/化学品◎医療・福祉◎検査・分析 ◎公務員・公的機関卒業生の主な就職先〈県内〉㈱秋田銀行、㈱秋田情報センター、㈱大潟村あきたこまち生産者協会、   大館市役所、社会医療法人明和会、㈱ヤマダフーズ 他〈県外〉㈱伊藤園、共立製薬㈱、㈱CBC、㈱十文字チキンカンパニー、   新潟県警、(一財)日本食品分析センター、伏見蒲鉾㈱ 他微生物機能グループ ◦微生物が他の微生物や動物・植物・環境に及ぼす影響に関する研究 ◦微生物が作り出す有用物質とその生産および有効利用に関する研究 ◦微生物の代謝・成長・形態形成の分子機構とその制御に関する研究植物機能科学グループ ◦植物の生理活性物質の構造を決定し化学合成により利用を図る ◦植物の生理活性物質の生合成を遺伝子や物質レベルで解明する ◦植物の細胞装置やバイオミネラルの形成過程と機能を探求する分子細胞機能グループ ◦海洋生物の付着セメントと殻形成の分子細胞生物学的研究 ◦癌細胞の運動抑制と動物の初期発生の分子細胞生物学的研究 ◦ホルモン分泌の研究と新規がん検査薬の開発研究 ◦哺乳動物の発生学をバイオテクノロジーに応用する研究食品醸造グループ ◦県産素材の理化学的な解析や加工・醸造技術の研究 ◦製品の成分分析法と評価技術の開発 ◦優良な醸造微生物の育種などの研究カリキュラムの特長資格進路研究グループ応用生物科学講座秋田県立大学を選んだ理由を教えてください。 生物が好きで、微生物や動植物が持つ機能に興味があったことと、少人数教育で先生や職員の方のサポートが充実していることからこの大学を選びました。先生方は優しく、学生1人1人をしっかり見てくれるので、充実した大学生活を送っています。将来は、大学で学んだ知識を生かせる職業に就きたいと思っています。応用生物科学科の魅力を教えてください。 応用生物科学科は、講義や実験を通して微生物、植物、食品醸造、細胞生物について幅広く学ぶことができます。また、特定の科目の単位を取得することで「食品衛生監視員」や「毒物劇物取扱責任者」などの資格が取れます。一学年の人数が少ないため、同学年だけでなく先輩や後輩と仲が良いことも魅力ですね。Q1Q2設備や環境が整っている中で勉強でき、さまざまなことに挑戦できます。楽しいサークルもいっぱい!バイオテクノロジーで生命現象を究明し、その成果を新たな産業へ。相原 佳奈子さん [応用生物科学科 4年]秋田県/秋田北高等学校出身StudentVoiceAkita Prefectural University 39

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る