秋田県立大学 大学案内2019
31/92

STUDENT VOICE学生自主研究のおかげで自主的に発言し実行する事の大切さを学びました 高校生の時から大学では情報関係を学びたいと思っていて、秋田県立大学の先生方が高校生向けに講義を行う高大連携授業に参加しました。その時の講義の内容に興味を持ち、この先生方の下で学んでみたいと思ったので入学しました。また、研究室に配属される前の1・2年次に、関心のある分野の研究をすることができる学生自主研究に取り組んでみたいと思ったのも決め手の一つです。実際に入学して、1年次はロボットの言語の開発、2年次は小学生向けのプログラミング教室についての研究に取り組みました。この活動のおかげで自主的に発言し、実行する事の大切さを学びました。 私は将来、システムエンジニアになりたいと思っているので、今取り組んでいるプログラムの一つ一つの部分の意味をきちんと理解するように日々努めています。プログラミングはパズルのようなもので、うまく組み立てられて実装できた時はとても達成感があります。システム科学技術学部 電子情報システム学科※齊藤 江美 さん[4年]秋田県/秋田西高等学校出身※学科再編後の情報工学科に該当する研究室に所属している在学生です。研究グループと研究内容情報システム研究グループ基礎情報工学講座メディア情報処理研究グループ人間支援情報工学講座知能情報処理研究室●言葉を操る賢いコンピュータを作る自然言語処理●言葉や身振りを使って人間と会話する会話ロボット●外界を認識・理解するコンピュータビジョン●人間の感情を理解するヒューマンマシンインターフェイス●生活支援・農業支援などの応用研究情報ネットワーク研究室●実世界を取り込んだ分散情報ネットワークの研究●安心安全なデータ管理とデータ分析技術の研究●モバイルアドホックネットワークの運用管理技術の研究ソフトウェア基盤研究室●コンピュータの性能を最大限に引き出すための技術の研究●自然現象の解析のためのコンピュータシミュレーション●新しいアーキテクチャの計算デバイスでの高速計算知覚情報処理研究室●聴覚のしくみを他の感覚との関連性を含めて解明する「聞こえを探る」研究●さまざまな音環境を仮想的に合成する「聞こえを創る」研究●「音環境を収音・伝送・再生」す るための信号処理技術の研究メディア信号処理研究室●映像中の人・物体などに対する認識・解析とその応用システムの実現●画像中の欠損領域を修復する画像処理技術●仮想現実感の技術を使った人の視聴覚の知覚についての解明Akita Prefectural University 201929

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る