秋田県立大学 大学案内2018
22/92

 近年、日常の生活空間から生産の場まで様々な場面で情報技術の利用が広まっています。私たちの身の回りにあるスマートフォン、家電製品、自動車、建築物などには多くのコンピュータや情報機器が組み込まれており、ものづくりの現場では効率的な工場生産を実現するため高度な情報技術が活用されています。本学科では、情報工学を基盤として、現実世界の多種多様で大量な情報を活用して、人を援ける賢い情報システムを創出できることを目的とした教育と研究を行います。カリキュラムは標準的な情報工学の学問を基礎に、現実世界の様々な情報を活用した知的な人間支援を実現するために必要となる、メディア情報処理、知能情報処理、情報ネットワークシステムに重点を置いたカリキュラムを組んでいます。また、農業・生活支援・健康・交通・エネルギー等の分野において,社会の幅広いニーズを満たす情報システムを設計・開発・運用できる実践的な人材の育成に力を入れます。Department of   Information and Computer Science情報工学科システム科学技術学部20 Akita Prefectural University

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る