秋田大学 大学案内2017
37/40

 多様な分析装置や電子機器を備え、産学官共同研究の拠点として活用されています。⑩地方創生センター  教育文化学部3号館屋上に輝く銀色のドーム。東北最大級の天体望遠鏡「ミルエル」を備え、天体観測会や学習会「天文サイエンスカフェ」を開催しています。⑪天文台 地球と資源にまつわる資料や標本を多数展示。サイエンスボランティアによる解説や市民向け講座も開催しています。地球の歴史や資源開発を深く学ぶことができ、気に入った鉱物や化石の標本を一階のミュージアムショップで購入することも可能です。⑫鉱業博物館⑤中央図書館●開館時間 9:00〜16:00●入館料 大人100円 高校生以下無料 蔵書数43万冊。講義のある期間は平日22時まで開館。文献を活用したレポート作成など静かに集中して勉強したいときはもちろん、グループワークやディスカッションの場としてグループ学習室も利用可。常駐の専門職員や先輩学生・大学院生(としょサポ)が図書館の使い方や学習に関する相談にも応じます。1Fコモンズ1Fラウンジ2F閲覧フロア35

元のページ 

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です