秋田大学 大学案内2017
22/40

金  額 (円)納付時期入学料282,000入学手続時授業料年額 535,800前期分267,900入学手続時または4月中後期分267,90010月中※入学時・在学中に授業料が改定された場合は、改定時から新授業料が適用になります。学 費◯入学料の免除および徴収猶予  経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合、または入学前1年以内に、学資負担者の死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、入学料の納付が著しく困難である場合については、本人の願い出により選考の上、入学料の全額又は半額を免除若しくは徴収を猶予する制度があります。 ◯授業料の免除 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合、または学資負担者の死亡又は本人若しくは学費負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難と認められる場合については、本人の願い出により選考の上、授業料の全額、半額又は1/3を免除する制度があります。  本学では、秋田大学みらい創造基金の事業として、成績優秀者を表彰し、学業奨励金の給付を行います。●対象者/卒業年次を除く学部学生●被表彰者数/国際資源学部2名、教育文化学部3名、       医学部4名、理工学部6名を原則とする。 ●学業奨励の額/1名当たり100,000円(予定) ●被表彰者の決定/学業成績を重視し、人物を勘案して行わ         れる各学部長からの推薦に基づき、学生         支援総合センターにおいて、被表彰者を         決定する。学業奨励金 教育推進総合センターが実施する研修を受けた「学習ピアサポーター(学部生・院生)が、初年次ゼミや学習ピアサポートアワーを通じて、学習に関する様々な課題に直面した1年次学生の課題克服に向けたサポートを行います。学習ピアサポート・システム 障害のある学生や大学生活で様々な困難を感じている学生の相談に応じています。本人だけでなく家族の方も相談でき、入学前から随時受け付けています。専任のコーディネーターが対応し、問題を整理して助言したり、必要に応じて学内の関係部署や学外の関係機関とも連携してサポートします。学生サポートルーム 本学における学資(授業料、教材費等)および生活費の支弁に困難な学生に対して、修学支援金を貸与します。●奨学資金の額/1人30万円を上限とし、無利子で貸与する。●選考/学生本人からの申請書等を副学長等が審査し、    面談のうえ決定する。 ●返還/最長、卒業(修了)後3年以内とする。奨学資金 学術研究活動や課外活動において顕著な業績をあげた学生・団体等、社会活動において社会的に高い評価を受けた学生・団体等を表彰します。副賞として優秀賞5万円、奨励賞2万円が贈られます。学生表彰制度 正課中、学校行事中、課外活動中、通学中、学校施設等相互間の移動中およびキャンパス内で休憩中等に生じた不慮の事故により傷害を被った場合、その程度に応じ医療保険金等が支払われますので、加入を勧めています。学生教育研究災害傷害保険◯日本学生支援機構 学業成績および人物ともに優れた学生で、経済的理由により修学が困難な学生のために奨学金を貸与する制度があります。本人の願い出により大学が選考・推薦し、支援機構が採用決定します。 新入生の採用決定・奨学金交付は7月上旬です。●第一種奨学金(無利子)  貸与月額/自宅…3万円・4.5万円 自宅外…3万円・5.1万円 ●第二種奨学金(有利子) 貸与月額/3・5・8・10・12万円から選択 ◯その他の奨学制度 地方公共団体および民間育英団体等が貸与を実施する奨学制度があります。 奨学金制度 入学をお考えの方からのよくある質問におこたえします! 大学会館にあるキャリアステーションで紹介しています。その他、大学業務を補佐するインターンシップ型のアルバイトもあります。これは学生支援総合センターで手続きができます。学習に支障のない範囲でアルバイトをすることも一つの人生経験になるかもしれませんね。 もちろん相談にのります。秋田大学にはピアサポーターといって研修を受けた先輩が、履修手続きや学習上の相談にのる制度があります。また、教員はそれぞれオフィスアワーを設けて皆さんが相談に訪れたとき対応するようにしています。遠慮せずに相談してください。Q.入学後の学習について相談にのってもらえますかQ.アルバイトを紹介してもらえますか20

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です