石川県立大学 大学案内2018
22/46

専門科目教員紹介研究テーマと同じく、個性豊かな指導陣が揃っています。生物生産の基礎的理解から、実験・実習を通して深く学ぶ。中学校教諭一種免許(理科)家畜人工授精師(受講・試験科目一部免除)都道府県知事の免許を受けて、牛や馬、豚などの人工授精や、牛の受精卵移植などを行うことができる資格。生産科学科のカリキュラムでは、植物・動物生産の基礎的理解をはじめ、生物生産の効率化・システム化、資源の管理や農業経済・経営問題など、生物生産を多方面から学ぶことができます。主要科目と並行して、各種の実験科目による実験・分析技術の習得、学外農業関連実習における生産現場の体験を行っています。植物遺伝学、植物分子生理学、植物保護学、植物病理学の4分野からなり、幅広い視点から植物について学び、バイオテクノロジーを駆使できる人材の育成を目指します。植物生産基礎系高木 宏樹 助教(植物遺伝育種学)研究テーマ研究テーマ研究テーマ研究テーマ次世代シーケンサーを用いた新規遺伝子単離技術の開発弘中 満太郎 准教授(植物保護学)昆虫の行動メカニズムを利用した新しい害虫制御技術の確立関根 政実 教授(植物分子生理学)植物の細胞分裂制御機構の解明と分子育種への応用髙原 浩之 准教授(植物病理学)植物-微生物の相互作用研究と病害防除への応用村上 賢治 教授(蔬菜園芸学)研究テーマ研究テーマ研究テーマ研究テーマ野菜の形質改良と新しい栽培システムの開発に関する研究片山 礼子 准教授(果樹園芸学)果実におけるフラボノイド蓄積機構の解明坂本 知昭 准教授(作物生理学)農業的重要形質の発現制御機構の解明塚口 直史 准教授(作物生産学)水稲登熟に関する研究作物学、蔬菜園芸学および果樹園芸学の3つの分野からなり、植物の改良や栽培技術の開発に結びつく植物生産プロセスを、分子・細胞レベルから個体群レベルまで幅広く学びます。人と自然との共生・共存を図るための研究の必要性と専門科目履修への予備知識を学びます。植物を病害虫・雑草から守る方法について植物保護の新戦略も含めてアプローチします。農場での稲や野菜の栽培や羊の飼育などの体験実習を通して、生産管理・飼育管理を学びます。植物生産系イネやムギ類を栽培して生長観察、化学分析などを行い、植物研究に必要な実験手法を身につけます。わが国の農業と農業経営の特質を理解するため、生産経済学の基礎理論から学びます。動物栄養学の基礎を生化学・分子生物学的に学んだ後、家畜飼養への応用方法を学びます。111111111生物資源環境学概論生態学概論土壌環境学果樹園芸学植物生産基礎実験Ⅰ植物生産基礎実験Ⅱ植物生産学実験Ⅰ植物生産学実験Ⅱ動物生産学実験生産システム学実験学外農業関連実習生産科学演習卒業研究花卉学畜産学概論動物生体機構学動物育種学動物栄養学動物繁殖学生産システム学生物計測工学農業経営・農業生産組織論食料経済・食料安全学生物資源経済学農林水産政策学動物管理学腸内細菌共生機構学植物育種学植物生理学Ⅱ植物細胞工学植物保護学植物遺伝学植物病理学応用昆虫学植物生産学食用作物学産業資源作物学蔬菜園芸学取得可能な資格植物形態・機能学微生物学概論生物工学概論分子生物学概論生化学概論ゲノム分析基礎実習地域農業農村実習生物資源環境学社会生活論生産科学英語農場実習A農場実習B石川の自然と農林水産業生物統計学応用気象学環境倫理学栽培学概論廃棄物・資源循環論遺伝学概論植物生理学Ⅰ高等学校教諭一種免許(理科、農業)教職に関する科目を履修することで、大学卒業と同時に「教育職員免許法」に基づき都道府県教育委員会から授与される。21

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る