石川県立大学 大学案内2019
21/46

Messages fromGraduates私達が生きていく上で食料、とくに米は重要なものだと、学生時代に改めて感じました。そこで、少ない労力で多くの米が収穫できるように、米作りの環境を整備する仕事に就きたいと思い、この仕事を選びました。私が今いる部署で働き始めて約3年が経ちましたが、農地の地権者や耕作者、民間企業とのやり取りが多いため、コミュニケーション能力が大変重要だと痛感しています。まだまだいたらないことばかりですが、日進月歩の思いで日々の仕事に取り組んでいます。いろいろな研究者との出会いが私の財産です生物資源環境学研究科 環境科学専攻 2015年修了/山梨県立甲府東高等学校出身石川県庁 奥能登農林総合事務所 土地改良部菅原 玄太さん関係者との円滑な意思疎通を図り、効率の良い米作りに貢献したい中学校教諭一種免許-理科-自然再生士補測量士・測量士補高等学校教諭一種免許-理科・農業-施工管理技士- 実務経験年数の短縮 -建設工事の監理監督する業に携わるためには必須の、国土交通大臣が認定する国家資格。(財)日本緑化センターが認定する自然再生に係る業務・活動に関する資格。測量を業とするためには必須の、国土交通省国土地理院が認定する国家資格。教職に関する科目を履修すること現代社会の資源やエネルギーの大量消費が多くの環境問題を引き起こしています。使い捨てのライフスタイルを見直し、再生可能な社会をつくっていくことが急務です。自然と人間が共生できる社会をつくっていくためには、土壌・水・大気・生物・工学など、幅広い分野に対応できる視野の広い環境技術者や研究者が求められています。社会で輝く卒業生VOICE環境科学科VOICE20卒業後の進路取得可能な資格もっと見たい人はコチラ!公務員36.4%建設・土木コンサルタント27.3%環境関連企業3.0%JAグループ9.1% その他24.2%■就職状況2017年度土壌・水・大気生物・工学のエキスパート▶ 土木事業関連企業土壌・水・工学の技術が活きる企業▶ 環境機器関連企業環境に関する製品や環境設備機器メーカーなど▶ 建設・開発コンサルタント地域開発や環境保護等に関する計画・調査・設計に取り組む企業▶ 資源開発関連企業地下資源や水資源などの調査・開発に取り組む企業▶ 研究者環境関連の各種研究機関▶ 国家・地方公務員国や地域の環境政策をリードする官公庁など▶ 中学校・高等学校の教諭中学校教諭(理科)高等学校教諭(理科、農業)▶ 大学院進学より高度な専門的職業人を養成する大学院主な進路

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る