石川県立大学 大学案内2018
16/46

毎年、多くの学生が石川県立大学から羽ばたいています。夢を追いかけている人。未来を変えようとする人。地域貢献に励む人。高度な研究と学びは、一人ひとりの道へとつながっています。 大学で農業と関わるうちに自分の心が豊かになっていくことを感じ、農業の素晴らしさを子どもたちに伝えるために教員になりました。現在、農業高校で食品関係の科目を教えています。食品の原材料となる野菜や作物、動物の生産について大学で学んだ知識を結びつけ、教材研究や授業づくりに活かしています。教師の仕事は、生徒とともに成長できることが喜びです。授業力と専門力を向上させて、常に生徒の「わかる」「できる」という気持ちを大切にしたいと考えています。 研究開発部で新商品の開発や既存品のリニューアル、各種成分分析、細菌検査などを担当しています。この仕事のやりがいは、今までにない新しい商品を生み出すことができること。実際に、自分が担当した商品をスーパーやコンビニなどで目にした時には、大きな達成感を感じます。大学で食品の知識を習得し、分析機器の取り扱いの経験を多く積んだため、就職後はスムーズに業務に慣れることができました。今後は、たくさんの人に認められるヒット商品を開発したいです。自分たちの手で、新しいまちを創ります川端 伸さん生産科学科 2015年卒業石川県立小松明峰高等学校出身石川県立翠星高等学校博士前期課程 食品科学専攻 2013年修了金沢高等学校出身株式会社スギヨ環境科学科 2015年卒業星稜高等学校出身株式会社国土開発センター庄田 和生さん長瀬 伶央奈さん生産に関する学びが授業づくりに役立っています授業を通して、子どもたちに農業の魅力を伝えていきます多くの人に認められる新しいヒット商品を開発したいです 大学で学んだ土木知識を活かし、生まれ育った石川の暮らしに役立つ仕事がしたいと考えて総合建設コンサルタントに就職しました。現在は、土地区画整理事業において土地の評価や土地の再配置を行う業務を主に担当しています。住民の方々と何度も話し合い、自分たちの手で決まりきった答えではない“新しいまち”をつくりあげることがこの仕事のやりがいです。大学時代はあらゆる方向から環境を学び、多角的に物事を考える力を養うことができたと思っています。土木分野を専門として、生まれ育った街に貢献します研究で身に付けたすべての力を活かします未来を動かす人へ。輝く先輩たちは、15

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る