石川県立大学 大学案内2018
14/46

 東日本大震災の津波の影響で汚泥や塩害といった農業被害が発生していることを知り、より良い植物を生み出したいと考えて入学しました。生産科学科の魅力は、附属農場で農業実習があることや遺伝子レベルの実験ができること。現在、植物細胞工学研究室で鉄欠乏耐性のイネの作出を目指す研究に取り組み、入学前からの夢に近づいてきていることを嬉しく思っています。将来は、農業教員になって農業の楽しさや大切さを教えたいです。農業の魅力や楽しさを教えられる教員になることが目標です!小津 亜沙美さん生産科学科 4年三重県立津東高等学校出身 オープンキャンパスで受講した味覚の講義がきっかけで、食品への探求心が強まり、食品科学科に入学しました。現在、特に興味を持っているのは調理学です。食材を調理する過程で起きる変化を学ぶことで、実際の調理に役立てることができます。研究室では不凍タンパク質の立体構造解析の研究を進めています。将来は、この研究成果を冷凍食品に応用し、油脂を使わずに舌触りが滑らかなアイスクリームを開発してみたいです。食品や調理に関わる科学を学び、新しい冷凍食品を開発したい!13中野 明日香さん食品科学科 4年石川県立金沢錦丘高等学校出身 動物生態学研究室で、金沢市市街地周辺のツキノワグマの分布と個体の特徴の解明をテーマに研究しています。野生の生き物を相手にしたする研究なので、とても不思議な結果が出ることがありますが、なぜそうなったのかを様々な角度から考察してみると、その結果に納得でき、感動が得られます。この研究室は、日本の山に棲息する野生動物を対象にしているため、山の中でのフィールドワークをたくさん経験できるところが気に入っています。市街地周辺に棲息するクマを調査して、被害を減らしたい岩井 良平さん環境科学科 4年富山県立魚津高等学校出身すべての学生が学ぶ喜びを体感中!好きなことを追求する時間は楽しい。多彩な学びや研究を通して気付いたのは、学ぶ楽しさと成長を実感できる喜び。

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る