石川県立大学 大学案内2019
13/46

生物資源経済学住本 雅洋 助教今後どうすれば、日本は食料自給率を上げることができるのか?蔬菜園芸学村上 賢治 教授そさい果樹園芸学片山 礼子 准教授作物生理学坂本 知昭 准教授作物生産学塚口 直史 准教授生産システム学大角 雅晴 准教授生物資源経営学金 成  教授生産科学科教員紹介・研究室の紹介12植物生産系生物資源管理系農業の収益性と持続性の観点から「契約農業」を考える。果実の成熟に伴って蓄積する色素、減少する渋味の代謝に共通する制御メカニズムとは?石川県で、日本と世界の明日の食糧生産を学び、一緒に考えませんか?アクの無いホウレンソウや、辛味の無いシシトウを作る研究をしています。画像情報など各種センサーを利用して、農作業や農産物加工のロボット化を目指します。実際に体験して農業や畜産を知ることができます!講義で学んだことを現場で実践できるのでとても充実した学生生活がおくれますよ!研究分野を詳しく知りたい人はこちらや、るのでよ!ブラシノステロイドの生理機能と応用に関する研究やサツマイモの収量と品質の向上に関する研究。新しい生産技術の開発を目指した実験や分析技術を身につける授業が豊富です!❺ 学外の研究会や学会での研究発表を  目指した指導が行われています❻ 卒業予定者の約2割が大学院に進学します❼ 毎年多くの学生が教員や  公務員試験に合格しています❽ 卒業後の進路は多岐にわたります

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る