獨協大学 大学案内2018
96/160

教員・ゼミナール紹介木藤 茂 教授 行政法寺川 かおり 特任講師英語教育法政総合講座研究や実務に携わっている大学内外のゲストスピーカーを招いて、オムニバス形式で行われる授業です。2016年度は、「地域の現場から」をテーマに、実際に地方行政の現場に携わっている草加市、八潮市、越谷市の職員の方に講義をしていただきました。市役所の各部・各課の職務の内容や現場が抱えている問題、課題などを率直に語ってもらうことで、学生は現実の地域社会で起こっている事象を深く学びました。個別の問題について自分だったらどうするかを考えた上で、見解を示せるようになることをめざします。問題解決に向け、自ら主体的に行動に移すことのできる学生にぜひ参加してほしいと思います。Topics大川 俊 准教授商法、会社法会社法株式会社の意義と役割を理解する会社法の論点や裁判例に関する研究を通じて、経済社会における会社の意義と役割を理解します。木村 雪乃 特任講師英語教育德永 光 教授刑事法、刑事裁判における科学的知見の利用、罪原因と防止策の検討若尾 岳志 准教授刑法刑法総論の諸問題判例を通してみる刑法総論の解釈社会的な問題の解決手段として、刑罰権の発動がどのような意味を持つのか、という視点を持ちながら調べ、議論します。福永 文夫 教授日本政治外交史政治学・日本政治外交史・国際関係史国際社会のなかの日本国際社会のなかの日本をテーマに日本の政治と外交のあり方を振り返りつつ、ゼミ生全員でディスカッションします。大谷 基道 教授 行政学、地方自治論行政学・地方自治論行政の役割を再考する人口減少と高齢化が進む現代で、これからの行政が担うべき役割と守備範囲についてさまざまな角度から研究します。作内 由子 専任講師 西洋政治史、比較政治比較政治/西洋政治史日本とヨーロッパの保守について考えるなぜ今、日本やヨーロッパで政治の右傾化が見られるのでしょうか。日本とヨーロッパの「右」の政党について考えます。教員名教員の専門や研究テーマゼミナールテーマゼミナール紹介教員名教員の専門や研究テーマ※ゼミナールは法学部3学科のすべてのゼミ(P.82、P.88、P.94)の中から選択できます。高橋 均 教授商法・会社法、企業統治と法的諸課題、企業集団の内部統制事例を通して理解する会社法企業不祥事、企業買収等の事例を通して、会社法の法理の理解とその適用について検討・学修します。嶋津 格 特任教授法哲学、法概念論、正義論、自由主義論、各種イデオロギー批判時代思想の批判的検討ジョセフ・ヒース&アンドルー・ポター『反逆の神話』(NTT出版、2014年)を輪読し、議論します。関根 徹 教授刑法、故意実務に学ぶ刑法重要な判例になった事件を題材にして、刑事事件の解決方法を学びます。94

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る