獨協大学 大学案内2017
96/160

Seminar世界はせまくなった。国際社会の中での日本の歩みを歴史的・政治学的に考えてみようClose up日本政治外交史・国際関係史 敗戦をきっかけに、日本は明治維新につぐ第2の開国を迫られた。日本国憲法が誕生した占領期、日米安保条約とセットで結ばれたサンフランシスコ講和条約によって、日本は国際社会に復帰しました。その後、国論を2分した安保騒動、高度経済成長を経て日本は先進国の仲間入りを果たした。歴史の流れの中で、この国はアメリカ、ヨーロッパ、アジアその他の国々とどう向き合ってきたのでしょうか。いま世界は相互に深く結びつくとともに、他方で対立と協調を繰り返しつつ動いています。歴史とは現在と過去との対話であり、未来はこの対話の中を通じて創られていきます。このゼミでは、「歴史は人間がつくるものである」ことを前提に、日米、日中、アジアなど国際社会との関わりの中で、それぞれ具体的な研究テーマを設定し、政治学的・歴史学的視点から議論を重ねていきます。歴史は暗記するものではなく、人間と社会が創りだす歴史の意味をひも解き、考えていくものです。大切なことは、一方的な思い込みでなく、複眼的思考をもって、あらゆる歴史的・政治的事象に対して、常に「なぜだろう?」という疑問をもつことです。ゼミで培ったこうした姿勢は、やがて自らの未来への展望を開くことにつながるはずです。福永 文夫 教授インターナショナル・フォーラムの開催 2012年12月1日に開催された獨協インターナショナル・フォーラムは、東日本大震災が日本社会および国際社会に突き付けた問題の深さを世界の人々と共有すべきであるという認識のもとに、国内外の有識者を招き、この歴史的な大災害をめぐる諸問題について率直な討議を行ったものです。このフォーラムでは、災害をどう防ぐか、政府がどう対応すべきか、といった短絡的・技術的な問題から離れて、東日本大震災をより大きな空間的広がりと時間的流れの中に位置づけ、その示唆するところを検討するふたつのセッションが設けられました。[基礎法・外国法関係]日本近代法史演習 小栁春一郎 ゼミ[公法関係]教育法演習 市川須美子 ゼミ比較憲法 大藤紀子 ゼミ行政法 木藤茂 ゼミ ※2016年度長期学外研修事例と判例に学ぶ行政法 多賀谷一照 ゼミ現代人権論 成嶋隆 ゼミ[民事法関係]会社法演習 大川俊 ゼミ民事判例の検討 小野秀誠 ゼミ民法(財産法) 納屋雅城 ゼミ民法 藤田貴宏 ゼミ国際私法演習 山田恒久 ゼミ会社法の基礎理論 吉川信將 ゼミ[刑事法関係]犯罪と刑罰 安部哲夫 ゼミ ※2016年度特別研修休暇刑法7不思議 神馬幸一 ゼミ刑法各論の諸問題 若尾岳志 ゼミ[社会法関係]労働法 石井保雄 ゼミ知的財産権法演習 張睿暎 ゼミ[手続法関係]民事手続 小川健 ゼミ[国際関係]国際環境法 一之瀬高博 ゼミ国際政治学 岡垣知子 ゼミ国際法 鈴木淳一 ゼミ経済法・国際経済法 宗田貴行 ゼミ[政治関係]行政学・地方自治論 大谷基道 ゼミ比較政治/西洋政治史演習 作内由子 ゼミ政治学・日本政治外交史・地域政治 福永文夫 ゼミ [2016年度開講テーマ]ゼミナール一覧94

元のページ 

page 96

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です