獨協大学 大学案内2017
95/160

私の時間割地方自治法の組織と運営の基本的な仕組みを理解1地方自治法 地方自治法の基本的な仕組みを国の制度と比較しながら理解し、住民として自治体のもとで市民生活を送る上で知っておくべきことを学びます。国際政治事象を体系的に考え、分析する力を養います3国際政治学 戦争の原因・平和の条件を中心的課題とした学問である国際政治学の、基礎概念や理論を学びます。複雑化する今日の国際政治事象を体系的に捉え、分析する力を身につけます。まちづくりの現状と、地域づくりのあり方を新しい視点で考える2まちづくり特論 自然災害対策、少子高齢型社会への対策、環境保全などさまざまな課題がある中、自治体で実践されているまちづくりの現状を紹介し、政策法務、政策財務の新しい視点を学びます。日常生活と密接に関連している地方財政の役割を明らかにする4地方財政論 地方公共団体は、義務教育、まちづくり等多様な公共サービスを供給しています。この公共サービスは住民の税金で賄われています。地方財政とは地方公共団体の活動を金銭面からとらえたものです。その役割を明らかにし、自治体がそれぞれの資源を有効活用できる方法を考えます。総合政策学科 1年 G.H 高校生のころから、自分の住む地域の魅力を多くの人に伝えたいと思うようになり、まちづくりや地域活性化などについて専門的に学びたいと考えました。総合政策学科は、政治や法律の幅広い知識を身につけて、地域政策について福祉や環境などさまざまな観点から学べるところが魅力です。「NPO論」では、地域の再生・活性化のために活動する方々の生の声を聞くことができました。授業で話を聞いた町を夏休みに訪問し、その様子を実際に見てきたことも貴重な経験です。授業で学んだ地域活性化実際に足を運び、知識を深めます勤めた会社がブラック企業だったら?!比較検討することで浮き彫りになる日本の特徴作内 由子 専任講師比較政治 現在の日本は、少子高齢化が進み、また格差社会が顕著に表れてきています。授業では、福祉国家を切り口に日本と欧米とを比較することで、日本の福祉制度の特徴や問題点を見いだし、その理由について構造的に理解することを目的としています。私たちの福祉のイメージは、年金や介護など高齢者福祉に偏りがちですが、本来は雇用や育児など人生の全般に関わっています。例えば、就職先がブラック企業で、雇用されても賃金は安く仕事も辛く退職したとします。失業し雇用関係を失いますが、失業保険によって一定期間は生活が保障されます。このように福祉は私たちに身近な問題です。授業を通じて表面に出てきた問題だけでなく、全体から考察できるようになって欲しいと思います。月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日1総合政策入門民法入門2歴史と文化2〔能楽論〕全学総合講座〔働くための基礎知識-知って得する労働問題〕English〔ライティングI〕憲法入門3歴史と文化2〔日本事情1〕入門演習English〔リーディングI〕English〔リスニングI〕4全学総合講座〔NPO論 人を変える・地域を変える・世界を変える〕5広告研究会の活動や、アルバイトへ友人と学食でランチしたり、図書館で課題を春学期の時間割例[1年次]授業紹介93法学部 総合政策学科国際教養学部経済学部外国語学部

元のページ 

page 95

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です