獨協大学 大学案内2018
93/160

結婚に対する意識の変化や、収入が安定しないと結婚できないなどの経済的事情も考えるべき。地方が人材流出を止めるには若者の実態をまず把握しなければ。未婚の若者が増えているのはなぜだろう。都会では民間の結婚相談所が豊富で男女が出会う機会も多いから行政の支援は不要では。この仮説を実証できれば、なぜ地方行政が婚活支援をしなければならないか背景と課題が見えてくる。婚活の場に参加する人はそもそも結婚に積極的。少子化対策を意識するなら結婚したくなるようにすることも大事では。民間より自治体の婚活支援の方が参加しやすいという住民が多い。自治体ならではのメリットは何か。街おこしとリンクした展開も自治体ならでは。▲ LIVEゼミナール [行政学・地方自治論]なぜ〝婚活〟を支援するのか?Today's Focus都会では自治体の支援は要らない?婚活支援を宣言する自治体は街の魅力もアピール。県内に住む若者を対象にした婚活支援と、全国から参加者を集めるタイプの支援がある。この違いはどこから来るのか。婚活と同時に地域の魅力も伝えるという戦略は逞しい。婚活支援は「地方創生」にも貢献?「なぜ地方自治体が婚活支援を行うのか」を考えることで、行政の担うべき仕事の範囲を探ります。事例発表を通じて事実関係を押さえ、それをもとに仮説を展開し検証することで論理的思考力を養うことも目的の1つです。現代社会において、行政に何が求められているのかを理解してほしいですね。大谷 基道 教授このテーマのポイント茨城県や長野県など多くの地方自治体で「婚活支援」の取り組みが実施されている。その手法は適切か、そもそも行政がやるべきなのか、その背景や狙いは。事例発表を踏まえたディスカッションにより行政の在り方に迫る。どんなテーマ? 「婚活支援」は行政の仕事なのか。あなたなら、どんな立場で発言しますか?出会いの場を提供するだけでは根本的解決にならない。91法学部総合政策学科

元のページ  ../index.html#93

このブックを見る