獨協大学 大学案内2017
90/160

Seminar仲間との議論を通じて、思考力・分析力・プレゼンテーション能力を身につける25のゼミナールがありますClose Up国際環境法・環境法 人類にとって今世紀最大級の課題の一つである地球環境の保全について、法学の視点から保護されるべき価値について研究します。環境保全は、既に個人が行う小さなマナーを向上させるだけでは解決できる問題ではありません。ゼミナールでは、問題の性質と法制度を理解し、国際環境法の解釈や適用をめぐる諸問題について、国際裁判例や条約などを読み解きながら分析していきます。春学期には、温暖化が本当に起きるのかというテーマから始め、話題になった「京都議定書」の行方や、COPを通じての「パリ協定」の採択、今後の方向性などを学びました。秋学期からは、グループに分かれレポート作成。4年次は各個人が卒業レポートに取り組みます。ゼミ生のみなさんには、地球環境問題の構造を理解し、法制度や政策がどのように結びついているのか考察できる力をつけて欲しいと思います。一之瀬 高博 教授国際法ゼミでの国際会議シミュレーション 国際法の鈴木ゼミでは、国際法の制定過程や国際連合の運用を学ぶため、学生自らが外交官を演じて実際に交渉を行う国際会議のシミュレーションを開催しています。今年で15年目になり、このゼミのシミュレーションで学んだ多くの卒業生がグローバルに活躍しています。ゼミ生は、シミュレーションの準備のために、学内外の施設を利用して情報収集や関係者へのインタビューをします。会議当日は英語を使って条約案や決議案を作成し会合を運営します。クライマックスのスピーチは、英語・中国語・ドイツ語など、日本語以外の言語を用いて行います。国内外の様々な分野で活躍しているゼミの卒業生が頻繁に訪れることも学生には励みとなっています。日本が終戦70周年である2015年は、「未来の国際社会のあるべき姿」を会議のテーマとし、各学生が議論を進めた。参加者は担当国を割り当てられ、事前に調査や研究を行い、自国の政策案を作成。この案に基づいて参加国との交渉を行った。[基礎法・外国法関係]日本近代法史演習 小栁春一郎 ゼミ[公法関係]教育法演習 市川須美子 ゼミ比較憲法 大藤紀子 ゼミ行政法 木藤茂 ゼミ ※2016年度長期学外研修事例と判例に学ぶ行政法 多賀谷一照 ゼミ現代人権論 成嶋隆 ゼミ[民事法関係]会社法演習 大川俊 ゼミ民事判例の検討 小野秀誠 ゼミ民法(財産法) 納屋雅城 ゼミ民法 藤田貴宏 ゼミ国際私法演習 山田恒久 ゼミ会社法の基礎理論 吉川信將 ゼミ[刑事法関係]犯罪と刑罰 安部哲夫 ゼミ ※2016年度特別研修休暇刑法7不思議 神馬幸一 ゼミ刑法各論の諸問題 若尾岳志 ゼミ[社会法関係]労働法 石井保雄 ゼミ知的財産権法演習 張睿暎 ゼミ[手続法関係]民事手続 小川健 ゼミ[国際関係]国際環境法 一之瀬高博 ゼミ国際政治学 岡垣知子 ゼミ国際法 鈴木淳一 ゼミ経済法・国際経済法 宗田貴行 ゼミ[政治関係]行政学・地方自治論 大谷基道 ゼミ比較政治/西洋政治史演習 作内由子 ゼミ政治学・日本政治外交史・地域政治 福永文夫 ゼミ [2016年度開講テーマ]ゼミナール一覧88

元のページ 

page 90

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です