獨協大学 大学案内2018
87/160

求められる最適な判断とは何か。あなたなら、どんな立場で発言しますか?自衛隊の派遣は世論の批判もあって難しいかもしれない。介入は当然だが避難場所を提供したり、その後は経済支援に徹するなど日本らしい支援のあり方を考えるべきだと思う。介入はするが日本らしい支援を。現政権下ではアメリカが介入するなら、日本も「積極的平和主義」によって参加せざるを得ないのでは。また今の日本は国連中心主義だから不介入という選択は批判の的になるはず。内政不干渉原則を盾に「虐殺」の現実を無視するのは人道国家として失格。介入手段は国内法に基づいて議論すればいい。平和安全法制は改正されたが全面的な介入は難しい。前線に人を送るのではなく被害者のケアなど後方支援が限界だろう。▲ LIVEゼミナール [国際政治学]ジェノサイドが発生。その時、日本は?アメリカが参加するなら日本も追随する?全面的な介入はおそらく不可能。それもまた現実。いまそこで人が死ぬという現実を見逃すことはできない。日本の介入を阻む要因として国際法における内政不干渉の規範がある。国家は国際法に反しない限り自治を行使できる。しかしジェノサイド自体が人道的に許されない逸脱だ。内政不干渉原則の下でも人命には代えられない。岡垣 知子 教授国際秩序とはどういうもので、どんな考え方があるかを理解するための設問です。国連の立場や日本の国益などさまざまな視点で検討し、客観的・複眼的に物事を分析する訓練を行います。このテーマのポイント日本から遠く離れた国で深刻なジェノサイド(民族の大量殺戮)が発生したと想定。国連安全保障理事会は介入を決議したが、日本はどうするべきか。不介入あるいは自衛隊派遣か経済支援かなどの議論を通して国際秩序を考えます。どんなテーマ?Today's Focus85法学部国際関係法学科

元のページ  ../index.html#87

このブックを見る