獨協大学 大学案内2017
84/160

Seminar法の歴史から生活に身近な問題、そして国際政治や紛争解決のあり方まで幅広い学びから選べるゼミナール[基礎法・外国法関係]日本近代法史演習 小栁春一郎 ゼミ[公法関係]教育法演習 市川須美子 ゼミ比較憲法 大藤紀子 ゼミ行政法 木藤茂 ゼミ ※2016年度長期学外研修事例と判例に学ぶ行政法 多賀谷一照 ゼミ現代人権論 成嶋隆 ゼミ[民事法関係]会社法演習 大川俊 ゼミ民事判例の検討 小野秀誠 ゼミ民法(財産法) 納屋雅城 ゼミ民法 藤田貴宏 ゼミ国際私法演習 山田恒久 ゼミ会社法の基礎理論 吉川信將 ゼミ[刑事法関係]犯罪と刑罰 安部哲夫 ゼミ ※2016年度特別研修休暇刑法7不思議 神馬幸一 ゼミ刑法各論の諸問題 若尾岳志 ゼミ[社会法関係]労働法 石井保雄 ゼミ知的財産権法演習 張睿暎 ゼミ[手続法関係]民事手続 小川健 ゼミ[国際関係]国際環境法 一之瀬高博 ゼミ国際政治学 岡垣知子 ゼミ国際法 鈴木淳一 ゼミ経済法・国際経済法 宗田貴行 ゼミ[政治関係]行政学・地方自治論 大谷基道 ゼミ比較政治/西洋政治史演習 作内由子 ゼミ政治学・日本政治外交史・地域政治 福永文夫 ゼミ [2016年度開講テーマ]ゼミナール一覧会社法 会社を設立・運営するための「会社法」という法律を知っていますか? 本ゼミナールでは、会社法の基礎理論を学び、どう活用すれば、会社の全関係者に有益となるかを探究しています。グループごとに関心のある争点や事例を取り上げますが、例えば、会社の合併・買収をテーマにした場合、多額の費用をかけてでもそれを実施する理由や法律上必要となる手続きなどを調査して発表します。東京証券取引所を見学したり、ゼミ合宿時に地方の会社の特徴を検討したりという教室外活動もおこなっています。討論を重ねるにつれ、会社の法的な意義や問題点が見えるようになる学生も多くいます。 本ゼミナールでの学びを通して、情報を収集・分析し、ルールにあてはめて結論を導き出すプロセスと、それをプレゼンテーションする能力を身につけてくれることを願っています。吉川 信將 教授Close Up現代社会を読み解く切り口を発見しよう! 「法政総合講座-地域の現場から-」では、オムニバス形式で、地域政治の現場で働く役所の方々をゲストスピーカーとして招き、環境・福祉・人権など、グローバル化に伴う現代の地域社会が抱える様々な問題について、歴史的・理論的理解を深め、未来図を展望します。地域の現場から《未来を築く草加のまちづくり~「つよいまち」の実現に向けて~》というテーマのもと、草加市長のスピーチを大講堂で聴講。(写真は、コーディネーターの福永教授)現在活躍している方の生の声を聞くことで、これからのまちづくりについて未来を考える機会が、学生に用意されている。82

元のページ 

page 84

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です