獨協大学 大学案内2018
73/160

さまざまな分野に応用できる「ゲーム理論」。あなたなら、どんな分析をしますか?ゲーム理論は柔軟なテーマ設定が可能です。誰が、どのような行動を起こして、結果がどうなるのか。さまざまな思考実験が可能だからこそ、見えない社会の裏側がみえてきます。思考実験だからこそ、柔軟な発想で。人の行動を評価することは難しいです。結果の不確実性や、見えない行動や能力。適切な評価システムには、数値化の可能性や、行動の意図などを理論的に考察することが不可欠となります。SNSでのコミュニケーションから、情報ネットワーク上における人間関係が見えてきます。実社会では見えにくい、つながりをうながす「異質」の役割を論理的に探ります。過去の得点と失点につながるデータを分析して、試合に勝つためのポイントを探ります。複数の要因をお互いにコントロールしながら見えてきたことは、意外な要因。こうした結果を練習メニューにフィードバックしていきます。▲ LIVEゼミナール [ゲーム理論]ヒトの行動を分析せよ!何をもって、人を評価するのか?SNSから見えてくる人間関係の形成。ラクロスの試合で勝つための分析はできるのか?計量経済学では、さまざまな要因を対応する変数を使ってコントロールしながら、自分の注目する要因(政治制度)の影響をピックアップすることができます。政治と経済という大きなうねりを実証分析。藤山 英樹 教授「ゲーム理論」とは、合理的な人々の行動の結果、どのような社会状況が導かれるかを分析する手法です。ゼミではそうした合理的な思考の養成のほかに、自分で課題を見つけ、適切な素材をあつめ、適切な分析をし、人前で発表し、文章にまとめるという総合力が問われる論文執筆を、大学におけるアクティブラーニングの根幹と位置づけ、真摯に取り組んでいます。このテーマのポイントスポーツや経済、ネットワーク上の動きなど、さまざまな人の動きを「ゲーム理論」や「計量経済学」などを使って、論理的に、実証的に分析します。不確実性の高い社会を生き抜くうえで必要な、人の活動を深く認識する確かな目を養います。どんなテーマ?Today's Focus71経済学部国際環境経済学科

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る