獨協大学 大学案内2017
70/160

Seminar経営やビジネス社会のテーマから、興味をもったことを分析し、具体的な提案をしていく能力を磨きますマーケティング戦略研究有吉秀樹 ゼミ人工社会をつくる今福啓 ゼミ会計学の原理に関する研究内倉滋 ゼミ社会環境会計大坪史治 ゼミ グローバル企業岡部康弘 ゼミ保険と福祉の理論と応用岡村国和 ゼミものづくりと価値づくり陰山孔貴 ゼミキャッシュフロー香取徹 ゼミアントレプレナーシップ&ファイナンス入門自分を創る、企業を創る上坂卓郎 ゼミ製品開発戦略黒川文子 ゼミ情報化とグローバリゼーション小林哲也 ゼミ経営意思決定鈴木淳 ゼミ組織論(NPO)研究高松和幸 ゼミマルチメディアとウェブデザイン立田ルミ ゼミ企業経営平井岳哉 ゼミ投資意思決定の基礎細田哲 ゼミウェブアプリケーションとデータベース堀江郁美 ゼミ企業の活動と会計情報山﨑尚 ゼミ※ゼミナールは経済学部3学科すべてのゼミの中から選択できます。 [2016年度開講テーマ]Topics投資意思決定の基礎 「投資意思決定」と聞いて何をイメージしますか?本ゼミナールで学ぶ意思決定には主に2つの意味があります。ひとつは、企業がどのような考えによって事業投資や資金調達について決定するか。もうひとつは、投資家の立場で行う投資意思決定です。具体的には、金融商品のうち、主として株式への投資を、どのような基準の下で実行すべきかを考えます。前者の投資意思決定は、出資者(株主および債権者)の期待収益率を上回る収益率獲得を実現させ、これにより企業価値最大化をめざします。後者の投資意思決定では、自らが許容できる投資のリスク水準を決定し、それに見合う収益率が獲得できる最適ポートフォリオの形成をめざします。本ゼミナールには、証券会社や金融機関への就職をめざす学生も多く、学びを通して企業(株式会社)への理解を深め、また、自らの投資意思決定の成果によってより豊かな生活を享受して欲しいと考えます。細田 哲 教授CPA講座生3名が日商簿記1級に合格 2015年秋の日商簿記検定試験で、公認会計士養成(CPA)講座を履修する学生から2年生のS.M君、S.Y君、A.T君の3名が1級に合格しました。在学中に合格することは難しい試験ですが、2年生にもかかわらず見事合格しました。「ワタミ」のマーケティング戦略をプレゼン 有吉ゼミが居酒屋チェーン大手のワタミのマーケティング戦略を立案するプロジェクトに挑戦。関連の情報を集めて仮説を立て、ワタミ本社を訪問。創業者で現参議院議員の渡邉美樹氏へのインタビューと、各事業を統括する役員全員にヒアリングを実施し、戦略案をまとめ上げ発表しました。商品企画プロジェクト「Sカレ」への参加 陰山ゼミが商品企画プロジェクト「Sカレ」に参加。Sカレは企業と実際に商品化を目指すゼミ対抗商品企画プロジェクトです。2015年度のSカレには、当ゼミを含む27大学30ゼミが参加しました。仲間と切磋琢磨しながら学べる場が獨協大学にはあります。ゼミナール一覧68

元のページ 

page 70

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です