獨協大学 大学案内2017
69/160

私の時間割社会や経済、企業の持つ課題を理解し、広い視野で企業経営を考える力を養います大坪 史治 専任講師社会会計論 会計学には、財務会計や管理会計などいくつか種類があり、その多くは会社の利益を計る学問です。ただし、社会会計学は“ちょっと変わった会計学”といえます。現代社会は地球環境や経済格差、企業の不祥事など多くの問題を抱えており、この授業では“経済性”だけでなく、“会社が環境や社会にどのようなインパクトを与えているか”“環境や社会の課題に対して会社がどう取り組んでいるか”という視点から経営や利益を考えます。いくら利益を上げても、環境を破壊したり、安全性や衛生面への取り組みを怠っている企業はやがて破綻します。授業では、実際の企業の事例を多く紹介しながら会計学の基礎をわかりやすく説明しつつ、会計技術も習得してもらうことを意識しています。この授業を通し、経済と社会、環境のバランスを考え、長期的かつ広い視野で考えられる人材の育成をめざします。132経営学科 3年 N.N 高校時代は商業科で簿記や情報処理を学んでいたので、さらに知識を深めたいと経営学科を志望。「経営学原理」では海外の文献と企業の実例から経営学理論を本格的に学び、「経営学」では模擬的に保育園の設立計画を立てました。理論と実践力が身につく授業が多く、文系の学科でも数学・統計の授業が充実していることも魅力です。他にもジャーナリストや証券マンの生の声をお聞きしたり、農業を学ぶために農園に行ったりと、幅広い学びにチャレンジできることが楽しいです。理論と実践の両方が身につくバラエティに富む授業が魅力企業の利益獲得につなげるための戦略を学ぶマーケティングとは、消費者のニーズを企業の利益獲得に結びつけるためのツールです。どんな消費者をターゲットに、どんな手段で商品やサービスを届けるのかなどの戦略について学びます。3マーケティング論マネジメントの視点からNPOの活動を取り上げる NPOの事業や活動に関して、その運営の多様性について学びます。NPOなどで期待される人材や組織運営に関する基礎を理解し、東日本大震災や各地で活躍するNPO事例を学びます。2NPOマネジメント論企業が進むべき大きな方向性を示した長期的な構想を学ぶ 企業が大きな方向性を間違えると危機的な状況となりますが、唯一の答えも存在しないので、その方向性を決めることは容易ではありません。実際に経験してきたビジネスの現場の話も交えながら、皆さんと学んでいきます。1経営戦略論画像作成、画像処理、アニメーションの原理を学ぶ4マルチメディア論アプリケーションを利用して実際に静止画、アニメーション、映像、音楽、Webページを作成します。実際に作品を作ることでインターネット上でのマルチメディアコンテンツの原理を学んでいきます。月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日1多変量解析国際政治学地理・歴史科教育法Ⅱ2社会科教育法Ⅲ法学English〔リーディングⅢ〕マルチメディア論3プログラミング論データベース論データマイニング論教育実習指導4日本経済史演習Ⅱ公民科教育法Ⅱ5キャリアセンター主催の就職ゼミへ学生記者のミーティングや就職ガイダンスへ秋学期の時間割例[3年次]授業紹介67経済学部 経営学科外国語学部国際教養学部法学部

元のページ 

page 69

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です