獨協大学 大学案内2017
57/160

3度の韓国留学で語学と文化を広く学ぶ自分の成長を感じることができました東日本旅客鉄道株式会社 2014年言語文化学科卒業 N.N 学生時代から“人と接することができる仕事”“何らかの形で日本と世界をつなげるような仕事”をしたいと考えていました。ホテルや旅行、飲食業を中心に就職活動をし、JR東日本に就職。現在は、1日約4万人の乗降客のいる駅に勤務し、お客さまと接する第一線の社員として、切符手配や改札業務に携わっています。 Nさんがゼミに入ったばかりの頃は、自分で考える力を身につけられるよう指導しました。そして、その約1年後には、自分が抱いた疑問についての答えをどうにかして見つけ出そうと努力するとても積極的な姿勢が光っていました。社会人としての日々は刺激的で楽しく、そして大変だと思いますが、またときどき元気な姿を見せてね。さまざまな視点から国や文化を見ることの大切さを学ぶ 4年間の学びのなかで最も印象深かったことは、韓国語の授業やゼミナールで指導いただいた平田先生との出会いでした。2言語併習では、英語と韓国語を選択。多様な文化を学ぶ授業を通して、さまざまな角度から文化を知り、その背景を考えていくことの大切さを教えていただきました。 1年次に、訪韓研修団の一員として、初めて韓国を訪れたことで、韓国語をもっと上達させたい気持ちが増しました。ゼミナールでは「文化研究の理論と方法」をテーマに、自分の気になる文化を探究。「他国の文化に触れながら日本を外から見つめたい」という思いが強まり、4年次に再び韓国へ、1年間の交換留学を体験しました。言葉の壁、考え方の違いなど、戸惑いやもどかしさを感じたこともありましたが、意見を述べることができるまでに成長できました。 在学中は、英語力を磨くために英語の講義だけではなく、部活動「英語会(E.S.S.)」に所属。他言語でのコミュニケーションスキルが上がったことで、自分に自信が持てるようになりました。年齢も国籍も異なる幅広いお客さまと出会える仕事 学生時代の経験を活かし、多くの人の役に立てる仕事に就きたいと考え、JR東日本を志望しました。鉄道事業のみならず、旅行に関するさまざまなサービス事業に取り組んでいることも魅力の一つでした。現在は、切符の発券や精算、近隣施設のご案内など毎日多くのお客さまと接しています。海外の方も多いため、獨協大学で学んだ言語力はもちろん、文化的背景を理解し対応する経験も活かすことができています。毎日が勉強ですが、これからもJR東日本の社員として最高のサービスができるよう努めていきます。担当教員からのメッセージ平田 由紀江 准教授卒業論文で学術優秀賞を受賞! 卒業論文は、ファッションに関する文化研究をテーマにネイルアートの効能についてまとめ、学術優秀賞をいただきました。平田先生にも「良いものが書けました」と褒めていただき、とてもうれしかったです。学びて問うMessage卒業生オリオン機械/カシオ計算機/日本精機/USEN/インフォメーション・ディベロプメント/エムティーアイ/東映アニメーション/東芝ソリューション/はとバス/ホンダロジスティクス/ANAフーズ/カネコ種苗/トラスコ中山/良品計画/ジェーシービー/ゆうちょ銀行/三井住友海上火災保険/足利銀行/ヒルトン東京/石油天然ガス・金属鉱物資源機構/日本医科大学/日本郵便/教員/警察官■ 主な就職先〈例〉卒業後の進路■2015年度卒業生の進路状況卸・小売業24.3%製造業9.3%運輸業10.3%建築・不動産業2.8%金融・保険業10.3%公務員 2.8%情報通信業 7.5%サービス業 32.7%思い出のワンシーン55国際教養学部 言語文化学科外国語学部経済学部法学部

元のページ 

page 57

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です