獨協大学 大学案内2018
55/160

ラテンアメリカの今を歴史から知るI.S 4年  以前から世界の貧困問題に関心があり4年次の8月まで1年間メキシコに留学。この授業はメキシコを含むラテンアメリカ全般の政治と経済の歴史を振り返るもので、つい最近、米国とキューバが国交回復しましたが、その背景を理解できるなど現代にも繋がる学びです。将来、ラテンアメリカ関連の仕事をしたい私にとって教科書的存在です。私の学び方授業紹介ラテンアメリカの国際関係FEATUREDラテンアメリカ社会の抱える諸課題を国際関係の視点から広く探求浦部 浩之 教授 政治、経済、貧困、開発、人権、環境など、現代ラテンアメリカ社会が抱える諸課題を幅広く視野に入れ、その特質を探りながら、世界とラテンアメリカの関係について考えていきます。キューバと米国の関係変化や反ネオリベラリズムの台頭には、国際社会におけるラテンアメリカの立場の本質が表れており、こうした最新のトピックについても授業で取り上げます。先生からのメッセージ国際的な教養としての「言語」や「文化」とは何か、どのような研究分野があるのかを知り、4年間に亘り学んでいくための「設計図」を描きます。言語文化論外国人に日本語を教える「日本語教育」の入門となる授業。民族や宗教、芸能、マンガといった日本文化や漢字など、多彩なトピックを取り上げます。古代から現代に至る、科学の分野における代表的な人物や事例を紹介しながら、科学的な物の見方や考え方がどのように変遷してきたかを探ります。外国語としての日本語を教えるための、基礎的な能力と知識を学びます。自分自身の外国語学習も振り返りながら、何をどう教えるかを多角的に考えます。現代心理学の成立過程について学んだ上で、性格の形成、ストレス、心の健康とカウンセリングなどについて、調査や実験のデータをもとに学びます。15世紀末の、南北アメリカの「発見」に始まるさまざまな文化の序列化と融合について学びながら、グローバル化が進展する現代社会について考えます。さまざまな資料を通じて異文化を学ぶことで、世界の広さやコミュニケーションの難しさを知り、自国の文化についても改めて理解を深めていきます。グローバル社会研究科目群異文化間コミュニケーションⅠ・Ⅱ人間発達科学研究科目群心理学概論Ⅰ・Ⅱ総合科学研究科目群科学史Ⅰ・Ⅱ生活や文化など身近な話題のリーディング素材を取り上げ、英文を正確かつ効率的に読むための能力や、ディスカッションができる能力を培います。英語Ⅰ・Ⅱ(IE)67843215言語教育研究科目群日本語教育概論言語教育研究科目群日本語教授法Ⅰ・Ⅱスペイン・ラテンアメリカ研究科目群ラテンアメリカの歴史と文化53国際教養学部言語文化学科

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る