獨協大学 大学案内2017
44/160

Department ofTourism and Transnational Studies交流文化学科国境という考え方を超え、交流する「文化」と「社会」を多角的な視点から探求する【取得可能な資格免許】 □中学校・高等学校教員免許(英語) □司書 □司書教諭外国語学部 Faculty of Foreign Languages4年間の流れ 1年に約10億人が国境を超えて移動する時代。複数の文化が交わり合い、また新しい文化を生み出していく。そんな「交流する文化」をツーリズム、社会学、人類学、国際関係論など多角的視点から学んでいきます。 さらに、国際社会で通用する高い外国語能力を養うべく、英語は卒業までにTOEIC®800点以上、加えて英語以外の「プラス1言語」の習得をめざします。 高度な専門知識と社会ニーズに対応した実学とのバランスが本学科の特徴です。皆さんの学びは教室の中にとどまりません。インターンシップ、フィールドワークなど「現場」での問題解決と文化理解を重視します。 交流文化学科での学びから、国境という考え方を超えて、世界に羽ばたいていってください。「ツーリズム」を超える 「ツーリズム」とは単なる「観光」ではありません。私たちは「人の移動と出会い」と考えます。「人の移動と出会い」が現代世界にどんな影響を及ぼしているのかを、客観的に見つめ直します。「国境」を超える 「国境」を超えてさまざまな文化が混じり合い、新しい文化や価値観が生まれます。「国境」を超えたさまざまな現象をトランスナショナル文化とグローバル社会の視点から見つめます。「英語」を超える 英語に加えてもう1つの言語を習得することで、将来の可能性は無限大に広がります。ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語の中から、選択必修で1年次から3年間学びます。英語を集中的に習得三部門の専門科目を履修し、多様な視点を学びます 「交流文化概論ⅰ~ⅲ」で交流文化の基礎を学び、同時に英語を集中的に習得していきます。「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」ではプレゼンテーションやレポートの作成、資料調査などを通じて、大学での「学び」の基盤をしっかり整えます。1年次2年次3年次4年次4年間の流れツーリズムのあり方を問うツーリズム キャリアとしてのツーリズム産業をめざすだけでなく、ツーリズムがもたらす社会・文化・経済・環境などへのさまざまな影響を多角的・専門的に学びます。 国境を超えて交流する文化と社会のありさまを、テーマパークから開発支援や移住労働者の受け入れまで、さまざまな論点から多角的に考察します。交流する文化と社会を学ぶ トランスナショナル文化 紛争、テロ、環境破壊、自然災害など、私たちの生命を危険にさらす現象やさまざまな社会問題を多角的な視点からとらえ、現代世界を見る目を養います。現代世界を見る目を養うグローバル社会42

元のページ 

page 44

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です