獨協大学 大学案内2017
43/160

株式会社JALスカイ2015年フランス語学科卒業 M.Nオペレーション部門でロードコントロールを行っています。飛行機内のお客さまの配置や手荷物や貨物を積む場所を決定する仕事です。離陸2時間前から着手して、飛行機の重量とバランスを最終的に機長に報告します。責任の重さに、最初の頃は緊張することもありましたが、手を振って飛行機を送り出す瞬間の喜びが私を支えてくれています。ライクス/エイチワン/京セラ/日本食研ホールディングス/敷島製パン/NECソリューションイノベータ/郵船コーディアルサービス/エミレーツ航空/近鉄エクスプレス/東京モノレール/東日本旅客鉄道/全日本空輸/日本航空/エノテカ/コープみらい/ニトリ/ユニクロ/三菱商事パッケージング/三井住友銀行/みずほフィナンシャルグループ/あいおいニッセイ同和損害保険/京葉銀行/ホテル小田急/東京みらい農業/東武トップツアーズ/警察官■ 主な就職先〈例〉卒業後の進路■2015年度卒業生の進路状況卸・小売業 29.0%製造業11.3%運輸業19.4%金融・保険業 9.7%情報通信業 8.1%建設・不動産業 1.6%サービス業19.4%公務員1.6%恐れずに挑戦する姿勢で一歩を踏み出す学生時代からの信念を今でも大切にしています 自分が興味を持ったことを、図書館の辞書・研究書等の資料を読み込み、途中で投げ出すことなくとことん研究・追求する努力家であり、同時に、持ち前の明るさでゼミを盛り上げてくれるムードメーカーでもありました。学生時代に授業やサークル活動などで培った様々な力を使って、これからも日々挑戦を続け、さらに高く羽ばたいて欲しいと思います。応援しています。憧れだった企業で仕事をする楽しさを毎日感じています 幼少の頃から父親の仕事の関係でJALを利用することが多く、ホスピタリティの温かさやCAの方々の凛とした立ち姿に憧れを抱き、いつかはJALで働きたいという思いが芽生えました。当初はCAやグランドスタッフを考えていましたが、キャリアセンター主催の「ツーリズム・サービス・ホスピタリティ講座」で、空港のバックヤードを見学する機会に恵まれたことが転機になりました。複雑なサポートシステムを滞りなくこなすスタッフのおかげで飛行機は飛ぶのだと、その仕組みや仕事の幅の広さを知り、運航をサポートする側に携わりたいと思うように。入社した今でも、飛行機が飛ぶ姿を見るたびに感動がこみ上げてきます。失敗してもそれが悔しさになり次の挑戦へとつながりました 獨協大学を選んだのは、めざしていた航空業界に数多くの人材を輩出している実績があること、そして「語学の獨協」と定評があるため集中して好きなフランス語や英語を学べると思ったからです。英語を伸ばすために短期留学にも挑戦。しかし、あまりの会話力のなさに衝撃を受けて、翌年再チャレンジし、現地のカフェで働くプログラムに参加して実用英語を磨きました。またフランス語にも力を入れ、ゼミでお世話になった田中先生は、歴史的な観点からもフランス語を指導してくださり、学び方の新たな切り口に触れることもできました。就職活動の際には進路に迷う私の背中を押してくれるなど、いつでも良い相談相手になってくれました。振り返ると、4年間でやりたいことはやりきったと自信をもって言えます。どんなことでもトライする価値はあります。経験は自分を強くし、社会人への一歩にもなると思いますよ。担当教員からのメッセージ田中 善英 教授仲間と作り上げた最高の舞台 ダンスサークル「フリースタイル」に所属していました。思い出深いのは雄飛祭での発表です。企画から振付などをすべて自分たちで考えてひとつにまとめるのは大変な作業の連続でしたが、やりきった達成感は忘れられません。学びて問うMessage卒業生思い出のワンシーン41外国語学部 フランス語学科国際教養学部経済学部法学部

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です