獨協大学 大学案内2017
42/160

Seminarフランスのすべてがつまった15のゼミナールで、興味関心のあるテーマを追求しますフランスの美術阿部明日香 ゼミÉtudes francophones(フランス語圏研究)Ph.ヴァネ ゼミ翻訳の世界江花輝昭 ゼミArgumentation (論拠立て)小石悟 ゼミ 地域・社会・文化論鈴木隆 ゼミ「フランス語を科学する」田中善英 ゼミ「読むこと」へのアプローチ谷口亜沙子 ゼミ ※2016年度 不開講モリエール『守銭奴』研究筒井伸保 ゼミStratégies de communication et stratégiesd’apprentissage(コミュニケーション・ストラテジーと学習ストラテジー)中村公子 ゼミフランスの社会廣田愛理 ゼミ ※2016年度 不開講文学を通して学ぶ近代フランス福田美雪 ゼミフランス史研究藤田朋久 ゼミLe français par le cinéma(映画を通してのフランス語)M.ミズバヤシ ゼミ舞台にたつ横地卓哉 ゼミ シャンソンを通じてフランス語とフランス文化を学ぶ若森榮樹 ゼミ[2016年度開講テーマ]Topics シャンソンというと聞き慣れないかもしれませんが、実はテレビCMに使用されていたり、その音色は皆さんの生活に浸透しています。ゼミナールでは、シャンソンを聞き、歌詞を理解し、歌うことにより、話し言葉としてのフランス語の発音やイントネーション、間の置き方などを学んでいきます。また、歌詞を読み解くことで、フランス人独特の考え方を理解し、表現方法などを習得することも大切です。取りあげる曲は1960年代から最新のフレンチ・ポップス。ゼミ生は、女性が圧倒的に多いのですが、男性も大歓迎です。ゼミナールでは、はっきりと発音し、自分の思いが人に伝わるように歌わないと評価が下がります。細かいことにとらわれずに、自信を持って、楽しみながら歌ってみましょう。フランス文化や言葉を深く理解するきっかけになりますよ。若森 榮樹 教授シネクラブ フランス映画に親しむことは、フランス文化に深く触れること。フランス語学科では、年に数回、大講堂大型スクリーンで日本未公開映画の上映会を行っています。時代背景などを解説した資料を配布し、上映後に意見交換することで更に理解を深めています。Journée Pédagogique de Dokkyo(獨協大学フランス語教授法研究会) 1986年から毎年開催している研究会です。全国からフランス語関連の教員や実務家を招いて開催、フランス語の教授法分野では国内屈指の国際色豊かな学会です。多くのネイティブスピーカーが参加し、フランス語教育の向上をめざして、フランス語と日本語で研究発表や討論が行われます。フランス好きならLa Girafe(ラ・ジラフ)へ 大学で唯一のフランス語サークル La Girafe(フランス語学科公認)。フランス語力を伸ばす活動だけでなく、フランス料理をはじめとしたフランス語圏の文化も研究し、フランス語劇を披露する「ジラフ祭」を毎年開催するなど精力的に活動しています。シャンソンを通じてフランス語とフランス文化を学ぶゼミナール一覧40

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です