獨協大学 大学案内2017
38/160

Department ofFrenchフランス語学科国内最大の教員数を誇る本学科で、幅広い分野から生きた知識を吸収する【取得可能な資格免許】 □中学校・高等学校教員免許(フランス語) □司書 □司書教諭外国語学部 Faculty of Foreign Languages4年間の流れ 本学フランス語学科の教員数は専任教員17名(うちネイティブ教員2名)、非常勤講師32名(うちネイティブ教員12名)と、国内大学のフランス語学科としては随一の規模を誇ります。 幅広い分野の研究に取り組むことができ、フランス人教員との交流によって生きた知識を吸収できる恵まれた環境は、他大学にはない大きな特長といえるでしょう。 フランスに脈々と受け継がれる文化や芸術、歴史、文学を理解することにより、語学力にとどまらない真の教養とコミュニケーション力を育成します。 また、フランス語は国際連合などの世界的機関の公用語であり、世界各地で使われています。フランス語を通して世界へと続く新しい道を切り開いていきませんか。実践的なフランス語を習得 1・2年次は週6回の集中授業を実施。ネイティブ教員の授業は3年間必須、3年次からはさらに高度な知識を身につけ、語学力を鍛えます。専任教員が4年間サポート 1・2年次には専任教員のクラスアドバイザー、3・4年次にはゼミナールの指導教員が直接担当。研究指導や進路相談などフルサポートします。3コース制で幅広く、深く学ぶ 3年次から「コミュニケーション」「芸術文化」「現代社会」の3コースに分かれ、研究を深化。将来に役立つ実践的な専門知識を修得できます。総合的に学ぶ語学力を磨く専攻コースを選択する フランス語は週6回。基礎的かつ総合的な力が備わります。ネイティブ教員による、生きたフランス語が学べます。 1年次と同じくフランス語は週6回、集中的にスキルを磨けます。また2年次より各コース別の専門科目が履修できます。1年次2年次3年次4年次4年間の流れ語学・文章・言語などを学ぶ フランス語コミュニケーションコース 語学・文章理論・言語教育など、フランス語学やフランス語コミュニケーションに関する分野を学びます。文学・美術・音楽などを学ぶ フランス芸術文化コース 文学・美術・音楽・舞台芸術など、フランスの芸術文化に関する幅広い分野にアプローチします。歴史・政治・現代思想などを学ぶ フランス現代社会コース フランスの歴史・政治経済・現代思想・地域など、現代フランスを語る上で欠かせない専門分野を学びます。36

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です