獨協大学 大学案内2017
35/160

国際支援の現状や発展途上国の人々の声を理解し私たち一人ひとりに何ができるかを考える金子 芳樹 教授国際NGO・ボランティア論 世界各地で起きている貧富の差による治安の悪化や難民発生などの問題を解決するためにはどうすればいいのか? その取り組みとして、国際機関や各国政府に加え、近年では非政府組織(NGO)やボランティア組織など民間団体の支援活動も注目されています。この授業では、国際支援組織の機能と役割、課題などを理解し、私たちにできることは何か、人間の“真の豊かさ”とは何かを考えます。担当教員が訪れた発展途上国での国際協力の現場の状況や、現地の人の声を紹介します。また、英語教材として欧米のNGO団体の活動の様子を伝えるYouTubeの映像を用いたり、NGO職員として海外で支援活動に従事している卒業生を招いて体験談を話してもらうこともあります。この授業が、国際支援に携わりたいという志を持つ学生の行動につながる道しるべになればうれしく思います。学生Voice英語学科 2年 Y.Mレベル別クラスで勉強することができ、英語力のある学生も多いので、互いに切磋琢磨しています。「シネマ英語」では、労働者階級の人々が話す英語について学びました。イギリスの現状、人種、階級、性差別、植民地支配など、社会的背景も知ることができ、印象的でした。「Listening and Pronunciation」「Public Speaking」では、リスニング、スピーキングに加えて人前で話す表現力も鍛えることができます。人気のある授業ですが、卒業までにぜひ履修したいと思っています。グローバル社会など英語を軸に幅広い知識が身につくテーマパークなどの秘密に迫る1“ディズニー論”(コミュニケーション論特殊講義) 英語圏から世界に発信されたものの中でディズニーほど有名なものはないでしょう。この講義では、馴染みのあるものの文化的・歴史的な背景を理解することで、新たな視点でコミュニケートできる力を身につけていきます。4年間を通じて学べます4充実の第2外国語 国際ツーリズムなどで必要な言語をたくさん学べます。あこがれのキャリアを考えます2“エアライン・ホテル・リゾート”(国際開発論) 国境を越えるために空を飛び、海外に滞在し、リゾートに足を運ぶ人びとにサービスを提供する─これがエアライン・ホテル・リゾート産業です。楽しみながら考えます。実践的トレーニングを行い、即座に通訳できる能力を身につける3通訳 Ⅰ・Ⅱ 通訳として必要な「英語を聴き取る」「要点をメモする」「即座に的確かつ丁寧な日本語にする」という3つの能力を身につけます。全国通訳コンテスト入賞者もこのクラスから出ています。月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日1コミュニケーション論特講〔ディズニー論〕メディア・コミュニケーション入門2国際開発論〔エアライン・ホテル論〕シネマ英語Reading StrategiesDiscussionフランス語英語ビジネス・コミュニケーション3英語ビジネス・コミュニケーショングローバル社会論フランス語国際リスク・海洋論〔パイレーツ・オブ・カリビアン〕4メディア・スタディーズステージ・パフォーマンス国際ツーリズム各論5世界ブランド論東棟5F展望ラウンジで友だちと寛いでいます新しい時間割モデル(イメージ)授業紹介33外国語学部 英語学科国際教養学部経済学部法学部

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です