獨協大学 大学案内2018
29/160

授業紹介外国語教育特殊演習FEATURED「読む・書く・聞く・話す」の4つの技能を学び、総合的なドイツ語運用能力を身につけます。ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)A1レベル達成をめざします。古典から近現代に至るドイツ語圏の思想家を通史的に取り上げ、ドイツ語圏における哲学や思想について学ぶとともに、哲学の基礎について理解します。EU最大の経済大国であるドイツの政治・社会の仕組みを学ぶとともに、雇用や貧困、格差、東ドイツの問題など、現代ドイツが抱える課題について考えます。ドイツ語を使いこなすために大切な「語彙力」「作文能力」に特化した授業です。基礎的な単語を数多く学ぶとともに、ドイツ語で表現する力を養います。ドイツ語圏の政治・社会・文化について学ぶ授業です。環境や福祉、教育、移民の問題など、現代ドイツ語圏を取り巻く問題についても考えます。ドイツ語を学ぶ学生として不可欠な、ドイツ語圏に関する知識を学ぶとともに、論文の読み方やレポートの書き方など、研究に必要な技術も学びます。クラシック音楽を中心に、ドイツ語圏の音楽に親しむ授業。たくさんの録音資料を聞きながら、時代ごとの音楽様式や楽譜の特徴などについて理解します。ネイティブ教員と日本語教員による授業で、ドイツ語の総合的な運用能力をさらに発展。ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)A2レベル達成をめざします。ドイツの学生パートナーと 知識の共同構築M.ラインデル 専任講師協定校の学生とペアを組み、スカイプを通じて共同作業を行います。春学期は言語運用能力・自律学習能力の向上を図り、秋学期は社会的なテーマを取り上げて日独の事情を比較。テレビ会議形式でプレゼンテーションを行い、問題解決を議論します。異なる文化・社会に生きる学生たちとの交流を通して知識を共同構築し、異文化コミュニケーション能力を獲得します。先生からのメッセージ現地の学生と接してドイツを身近に M.K 3年 春学期ではドイツ語圏で最古の大学の1つ、ハレ大学の日本語学科の男子学生をパートナーに、スカイプで定期的に会話しました。週1のペースでネイティブと話すのは会話の上達はもちろん、心理的な距離も縮まります。秋学期は経済問題を中心に大学院生とビデオ会議で意見交換するほか、勉強法や論文を見せてもら って刺激を受けています。私の学び方※ハレ大学:ハレ=ヴィッテンベルク大学ドイツ語圏の音楽ドイツ語圏現代社会概論ドイツ語圏の政治・経済6785ドイツ語圏の思想総合ドイツ語Ⅰ・Ⅱ総合ドイツ語Ⅲ・Ⅳ4321ドイツ語圏の言語ドイツ語圏入門Ⅰ・Ⅱ27外国語学部ドイツ語学科

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る