獨協大学 大学案内2018
26/160

ドイツ語圏の社会や文化を全国最大規模の環境で学ぶEUにおける政治・経済の中心であるドイツ。ドイツ語に卓越し、ドイツ語圏の社会や文化の状況に詳しい人材がますます求められています。ドイツ語学科では、ドイツ語圏に関するカリキュラムを展開し、コミュニケーション力と教養の両面からドイツ語圏に精通した人材を育成。専任24名(うち5名がネイティブ教員)、非常勤29名(うち12名がネイティブ教員)という、ドイツ語関連学科としては全国最大規模のスタッフのもと、高い語学力と専門知識、論理的思考力を身につけられます。少人数によるドイツ語学習1クラス20名程度の少人数教育で、初歩から段階的にドイツ語を学びます。会話力だけでなく、文献を読みこなすための読解力やプレゼンテーション力なども総合的に養います。1専門性を高める「コース制」3年次からは「言語・文学・思想研究」「芸術・文化研究」「現代社会・歴史研究」の3つのコースから、興味や関心に応じて選択。専門的な学びを探究していきます。23年次からコースを選択し、専門性を高めます。 言語・文学・思想研究コース言語としてのドイツ語をはじめ、その言語から生まれたドイツ語圏の文学・思想などについて、さまざまな視点から学びます。 芸術・文化研究コース音楽や美術、演劇、メディア文化など、ドイツ語圏における芸術や文化に着目し、その魅力を専門的な視点から解き明かしていきます。 現代社会・歴史研究コース政治・経済をはじめ、環境問題、マスメディア、ドイツ統一や移民など、ドイツ語圏におけるさまざまな社会・歴史的課題を検証します。ドイツ語圏の生活を体感ドイツ語圏にある協定校への留学(短期・長期)や、ドイツでのインターンシップなどを豊富に用意。ドイツ語圏での生活を通じて、学びをさらに深めることができます。3ドイツ語学科Department of German 求める学生像ドイツ語習得のために必要である外国語の基礎的運用能力と日本語能力を持ち、さらに外国語科目、国語科目への関心があることが望まれます。言語学習を継続する上で、ドイツ語圏の国々の文化、社会、歴史に対する関心を持っていることも必要です。他の社会や文化に対して偏見を持たず、身近なところからドイツ語やドイツ語圏に関わる事柄に興味を持って学ぼうとする意欲のある人を求めます。24

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る