獨協大学 大学案内2018
19/160

 国際社会で活躍するために必要な幅広い教養を身につけることを目的として、全学部の学生が「全学総合科目群」と「外国語科目群」から自由に好きな科目を履修できるカリキュラムです。無限に広がる多種多彩な学びを通して、総合的な思考力と判断力を養います。■芸術と社会-芸術が社会の中で果たす役割りについて■社会を生き抜くセルフブランディング■ ジェンダーで眺めてみれば■ メディア社会とロック■経営者が語る現代企業論■獨協学■教えるという仕事■ メディアと私たち■ NPO論 人を変える・地域を変える・世界を変える■ 地域活性化システム論―これからの「まちづくり」のヒントを探る■ 情報社会とルール■ 企業の社会的責任と企業活動■ 環境学1-環境基礎学-自然を見つめる■ 環境学2-環境応用学-環境と社会■ 働くための基礎知識-知って得する労働問題■ スポーツを通じての大学生からの人間形成について考える■文学の原点を考える■社会の中の科学■大学における教養教育■ キャンパスライフと仕事■食文化と人間生活「気候と風土と食文化」■ 自由時間の達人【ことばと思想】■言語学■英語学■ 日本語教育概説■倫理の基本について考える■環境と生命の倫理■社会思想史1-市民的社会像の黎明期■社会思想史2-市民的社会像の確立期■応用言語学■第二言語習得■倫理学■ フランス・ドイツ哲学入門■音楽を言葉で語る-音楽分析入門■ 心理学-人間の行動・認知・動機の一般法則■心理学-人間の個性・多様性理解■ こころの世界■ 日本語文法形態論■ 日本語文法統語論■通訳・翻訳論■社会思想史1-東洋古代から近世まで■社会思想史2-東洋近世から現代まで【歴史と文化】■ ドイツ語圏のメディア文化■ 日本研究概論■歴史学1-中世の仏教と社会■ 歴史学2-中世の「悪党」と民衆■ 日本文学論・中世■ 日本における死生学■ 日本における世間学■ 文化人類学■ 日本事情とコミュニケーション教育■ 日本文化論■ 英語圏の文学■ 日本思想史■ 日韓交流史■ 大衆文化論■ 歴史学1-イスラーム世界の成立と拡大■ 歴史学2-イスラーム世界の近代化とその後■ 東西の文化を結ぶもの■ 東西文化と近代化■ スペイン・ラテンアメリカの社会文化■ 歴史学-文明史研究■ 歴史学-アメリカのエスニック・ヒストリー■ 韓国史■ 韓国文化各論■ ラテンアメリカ研究入門■ 恐怖の日本文学■ 日本文学現代■ 韓国文学史■ 中国史■ スペイン・ラテンアメリカの文学■ スペイン研究入門■ 民俗学■地域文化■ 日本文学古典■平安時代の文学を読む■文化史入門■歴史学-ヨーロッパ史■歴史学-「15年戦争」をどうとらえるか■歴史学-戦後史の中の「15年戦争」■移民・交易に見る文化変容■ グローバル化と情報・通信の文化史■ アラブ文化・芸術■在外日本人研究■異文化間コミュニケーション■英語圏の文化■英語圏事情■ カリブ海域研究■都市と建築【現代社会】■ ブラジル研究■地理学-自然環境と文化■ ドイツ地域論■ ヨーロッパ地域論■教育法■国際法1-国際社会と私たち■国際法2-国際紛争を考える■非正規雇用を考える■History of International Relations■東南アジアの開発と社会■韓国政治論■地域メディア論■ 民法■社会科学概論■社会保障論■ 日本国憲法■現代の企業経営■基礎から学ぶマネジメント■地理学-世界の自然環境と文化■社会学■経済学-はじめての経済学■歴史の中のメディア■ メディアと現代社会■ グローバリゼーションを巡って■ 日本の表象と世界■NGO論■政治思想と理論、制度■政策と政治過程■ ジェンダーとメディア表象■中東の社会空間■中東政治と市民社会■ シネマで学ぶ法律学■続・シネマで学ぶ法律学■暮らしの中の民法入門■続・暮らしの中の民法入門■不動産取引と法■家族と法■社会生活と犯罪■ ビジネス法務■市民と刑事司法【自然・環境・人間】■数学■物理学■宇宙論■ 歴史における科学技術1-西洋近代科学技術の起源■ 歴史における科学技術2-日本の近代化と科学技術■地球環境の変化とその要因■地球環境問題と環境保全■科学史■ スポーツ科学概論■私の自由時間設計■天文学■科学技術基礎論■文化としての科学■科学技術と社会【ことばと思想】■談話論■意味論■ 日本語口頭表現の実践的研究■碑文を読む■ 日本文学作品研究■写本を読む■ 日本語音声表現のトレーニング基礎篇■ 日本語音声表現のトレーニング表現篇■ 韓国の言語文化■ 書き言葉の問題■ 話し言葉の問題■ ロマンス語研究入門■ プレゼンテーション実習■ 英語通訳-英語通訳の仕事■ 生活文化の発見■ 生活文化の記述■ 論文を書く■ 口頭発表を行う■ フランス思想入門■ 心理検査法と自己理解【歴史と文化】■ 楽典(中級)■ Japanese Legends,Tales andMyths as Expressed in the Arts■ Haiku in English■ Noh Play in English■ 日本文化研究■ 楽典(音楽通論)-楽譜を読み・書くために■ 日韓比較文化論■ スペイン・ラテンアメリカの芸術文化■ 韓国の宗教■ 能楽論■ 能楽における中世武士の諸像■ イタリアの音楽史■ イタリアの声楽曲■ 詩と音楽■ 近代世界システム論■ 食の歴史と文化■ 世界戦争の時代のドイツの政治と文化(1890-1945)■ 冷戦と地域統合の中のドイツの政治と文化(1945-2000)【現代社会】■ ヨーロッパ地域研究『ドイツ語圏への招待』■ 経理入門■ 英文会計入門■ 韓国研究情報収集法■ こども論■ 韓国社会論■ 新聞を読む■ インターンシップ■ コンピュータ入門■ ホームページ作成■ 家族と法・実践編■ 社会生活と犯罪・実践編■ 市民と刑事司法・応用■ 市民社会と法■ 自己表現の技法【自然・環境・人間】■ サイエンスライティング■ 統計と調査法■ 基礎生物学実験■ 科学の方法と実験■ 文化について調べて書く■ 生物学■ 体育経営スポーツマネージメント■ コンピュータと言語■ 情報検索と加工■ データ構造とアルゴリズム論■ マルチメディア論■ 人間活動の自然環境への影響のデータからの理解■ スポーツコーチ学■ 生理学■ リーダーシップ論■ 自然言語処理■ からだの仕組み■ インラインスケート■ インラインホッケー■ ウェルネス入門■ 硬式テニス■ ゴルフ■ サッカー■ スポーツ型デトックス■ ソフトボール■ 卓球■ バスケットボール■ バドミントン■ バレーボール■ フットサル■ フリスビー■ ボールルームダンス■ アウトドアウィンドサーフィン■ アウトドア海浜■ アウトドア山岳■ コンディショントレーニング■ スキー&スノーボード■ スケートトレーニング■ アイススポーツ■ マットピラティス■ トレーニング入門■ ニュースポーツ■ リーディング/Academic Reading Strategies■ ライティング/Academic Writing : Paragraph■ ライティング/Academic Writing : Essay■ スピーキング/Speaking in Academic Contexts■ リスニング/Academic Listening Strategies■ テーマ研究/Selected Topics in Social Sciences■ 留学生/Basic English Skills for International Students■ e‐ラーニング/Computer Assisted English Learning(CAEL)■ コンテスト/English Explorations■ 資格/Special Topics : Basic Test-taking Strategies■ 発音/Special Topics : Pronunciation Workshop■ 基礎文法/Special Topics : Grammar Refresher■ ドイツ語(基礎)(会話)■ フランス語(総合J)(総合F)(基礎)■ スペイン語(文法)(会話)(講読)■ 中国語(会話)(講読・文法)■ 韓国語(基礎)(総合)(講読・会話)■ イタリア語(基礎)■ ポルトガル語(総合)(会話)■ ロシア語(総合)(会話)■ タイ語(会話)(文字の読み書き)■ アラビア語(会話と文化)(読み書きと文法の基礎)■ 現代ヘブライ語(基礎)■ トルコ語(総合)(会話)(応用)■ ことばと思想(古典ギリシア語)■ ことばと思想(ラテン語)■ 日本語獨協大学「オールインキャンパス」の魅力他学科の学びから得る発見がある 他学部他学科の人との交流を通じて、新たな観点や考え方に気が付くことができます。実際に他学部の授業を履修することができ、非常に興味深いですよ。Y.Hドイツ語学科1年1つのキャンパスから広がる世界 約9,000人の学生が在籍している獨協大学ですが、全学部全学科、すべての学年が集まっているので学生同士が繋がりや多角的な視点が身につく他学部の専門知識も吸収 専攻する学部学科の授業だけでなく、自分の興味や関心に合わせて他学部他学科の科目も履修することができます。さらに卒業単位としても認定※されるので、自分の興味の幅を広げて知識を増やすことができます。※法律学科、国際関係法学科は法学部の他学科科目のみすく、簡単に人脈を広げることができます。 17I.D 法律学科2年

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る