獨協大学 大学案内2017
145/160

12学部学科募集人員出願基準選考方法配点・時間外国語ドイツ語若干名Aグループ出願資格基準別表Aのうち、いずれか一つを満たしていること。Aグループの出願資格により入学した場合は、原則としてドイツ語既習クラスで受け入れます。・小論文(※2)・ドイツ語と日本語による面接(ドイツ語にはドイツ語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点Bグループ出願資格基準別表Bのうち、いずれか一つを満たしていること。・小論文(※2)・日本語による面接100点/60分60点Cグループ<他大学推薦入試との併願可>ドイツ語既習者(教育機関での学習、独学を問わない)Cグループの出願資格により入学した場合は、原則としてドイツ語既習クラスで受け入れます。・ドイツ語・ドイツ語と日本語による面接(ドイツ語にはドイツ語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点英語40Aグループ出願資格基準別表Aのうち、いずれか一つを満たしていること。なお、Bグループに該当する資格を有する場合も、 Aグループを選択して出願することも可。・英語(※1)・英語と日本語による面接(英語には英語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点Bグループ<他大学推薦入試との併願可>出願資格基準別表Bのうち、いずれか一つを満たしていること。・英語(※1)・英語と日本語による面接(英語には英語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点フランス語若干名Aグループ出願資格基準別表Aのうち、いずれか一つを満たしていること。Aグループの出願資格により入学した場合は、フランス語の能力により、既習クラス又は未習クラスに振り分けます。・小論文(※2)・フランス語と日本語による面接(フランス語にはフランス語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点Bグループ出願資格基準別表Bのうち、いずれか一つを満たしていること。・小論文(※2)・日本語による面接100点/60分60点Cグループ<他大学推薦入試との併願可>フランス語既習者(教育機関での学習、独学を問わない)Cグループの出願資格により入学した場合は、フランス語の能力により、既習クラス又は未習クラスに振り分けます。・フランス語・フランス語と日本語による面接(フランス語にはフランス語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分60点交流文化15Aグループ 高等学校の入学日から出願日まで、又は中等教育学校の後期課程開始日から出願日までについて、履修教科全体の評定平均値が3.5以上であり、かつ、出願資格基準別表Aのうち、いずれか一つを満たしていること(外国の高等学校を卒業又は卒業見込等の場合は入試課まで問い合わせをすること)。なお、Bグループに該当する資格を有する場合も、Aグループを選択して出願することも可。・小論文(※2)・英語と日本語による面接(英語には英語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分100点Bグループ<他大学推薦入試との併願可>高等学校の入学日から出願日まで、又は中等教育学校の後期課程開始日から出願日までについて、履修教科全体の評定平均値が3.5以上であり、かつ、出願資格基準別表Bのうち、いずれか一つを満たしていること(外国の高等学校を卒業又は卒業見込等の場合は入試課まで問い合わせをすること)。・小論文(※2)・英語と日本語による面接(英語には英語による応答を、日本語には日本語による応答を求める。)100点/60分100点国際教養言語文化25Aグループ本学部の教育目的を十分理解し、2外国語の習得と幅広い国際的教養を身につけることに熱意を持っていることに加え、出願資格基準別表Aのうち、いずれか一つを満たしていること。なお、Bグループに該当する資格を有する場合も、 Aグループを選択して出願することも可。注)出願資格の検定等の対象となる言語は出願者の母語にあたらないものとする。・小論文(※3)・日本語による面接100点/60分60点Bグループ<他大学推薦入試との併願可>本学部の教育目的を十分理解し、2外国語の習得と幅広い国際的教養を身につけることに熱意を持っていることに加え、出願資格基準別表Bのうち、いずれか一つを満たしていること。注)出願資格の検定等の対象となる言語は出願者の母語にあたらないものとする。・小論文(※3)・日本語による面接100点/60分60点公募制推薦入試制度■募集人員・出願資格・選考方法出願期間(郵送・消印有効)試験日合格発表日入学手続期間(郵送・消印有効)11/1(火)~11/8(火) 11/27(日)12/3(土)12/5(月)~12/12(月)高等学校又は中等教育学校を卒業(または見込)、もしくはそれと同等の資格があり、以下の表に示した学科別の出願基準を満たし、入学試験に合格した場合は必ず入学する者。なお、交流文化学科および法学部については、高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定を含む)の合格は出願資格としない。教養

元のページ 

page 145

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です