獨協大学 大学案内2017
135/160

2ここが変わる! 獨協大学入試 2017 【2017年度入学試験変更点一覧】主な変更点概要対象となる入試一般入試A方式(2月1日)「外部検定試験活用型」を全学部で実施ドイツ語学科・英語学科、フランス語学科が今年度より新規導入し、全学部で実施します。英検、TEAP、TOEFL®テスト、TOEIC®テストなど「英語」の能力を判定する外部検定試験で取得した得点を活用した入試です。基準となる外部試験および得点は、各学科により異なります。【一般入試A方式】学部学科が指定した出願基準のうちいずれか1つを満たしていることにより、本学一般入試の「英語」試験を免除します。試験日には、「英語」を除いた学科指定の科目を受験します。インターネット出願限定検定料割引(センター利用入試)紙出願の場合、1志願17,000円のところ、インターネット出願の場合、2志願まで17,000円で受験可能です。さらに、3志願目以降は、1志願につき8,500円となります。【センター利用入試前期・中期・後期】①1志願でも2志願でも同一料金です。②複数の学部・学科・科目型の組み合わせも可。③前期・中期・後期の組み合わせも可。④同時出願に限らず、追加出願でも割引を適用します。インターネット出願限定追加出願(一般入試B方式)紙出願の場合、同時出願限定(追加出願不可)のところ、インターネット出願の場合は、追加出願(累積5志願まで)が可能です。但し、B方式内でのインターネット出願と紙出願の併用はできません。【検定料(インターネット・紙共通)】1志願目35,000円、2志願目以降は1志願につき20,000円(最大5志願)となります。インターネット出願で追加出願の場合も累積で上記の割引が適用になります。【一般入試B方式(全学部統一入試)】一般入試A・B方式の出願期間の延長大学入試センター試験自己採点期間を考慮し、一般試験(A方式・B方式)の出願期間をさらに1日延長(大学入試センター試験終了日翌日から5日間)します。【一般入試A方式・B方式】一般入試A・B方式金沢会場の新設一般入試A方式(2月1日)・B方式(2月2日)の学外会場に、金沢会場を新設します。全国15会場(札幌・仙台・新潟・金沢・水戸・宇都宮・高崎・千葉・立川・横浜・長野・静岡・名古屋・福岡・草加(本学))で受験が可能です。【一般入試A方式・B方式】公募制推薦入試出願資格の見直し、拡大ドイツ語学科・フランス語学科の出願資格(英語資格)の基準を一部見直しました。経済学部では新たに出願対象資格を拡大します。【公募制推薦入試】卒業生子女入試全学部で実施国際教養学部、法学部が新規に導入し、全学部で実施します。出願資格、基準等は各学科により異なります。 【卒業生子女入試】特別入試(帰国生徒)出願要件緩和「保護者の海外在住」、「帰国後2年以内」、「その国の統一大学入学資格試験の受験」の条件を撤廃し、出願要件を緩和します。 【特別入試(帰国生徒)】P.5-6P.25P.7、P.25P.3-4、P.5-7P.5-7P.12-14P.17-18P.20

元のページ 

page 135

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です