獨協大学 大学案内2017
123/160

3限目森永先生のゼミナール このゼミナールでは、労働経済学について研究しています。例えば、失業・賃金格差・公的年金など「仕事と暮らしの経済学」に関わる諸問題です。ゼミ生は、ディベートやブレーンストーミング以外にも、即興漫才やすべらない話を披露したり、さまざまな訓練を行います。発想力・構成力・表現力が格段にUPしました。 STYLE CAFEは一息つきたい時や、友人たちとのおしゃべり、読書をする時など、よく利用します。 アルバイトは週3回、カフェ併設のパン屋さんで接客をしています。アルバイトがない日は、友人と買い物へ行ったり、課題やレポートを集中して一気に終わらせます。友達とSTYLE CAFEへ楽しいおしゃべりタイム放課後大学生のマストアイテムはこれだ…!?◀電子辞書全カリ英語の授業や英語の勉強には必ず使用します。◀TOEIC®のテキスト電車の移動時間に勉強しています。このシリーズはオススメ !◀ホタルの絵本ホタルの飼育の参考に、地元の図書館から借りました。6:007:008:009:0010:0011:0012:0013:0014:0015:0016:0017:0018:0019:0020:0021:0022:0023:0000:00森永先生のある1日起床出勤《1限目》9:00~10:30経済社会学《3限目》13:15~14:45森永ゼミナール 〈昼休み〉有楽町で講演朝日新聞取材原稿執筆就寝ライザップ !番外編教授の1日ONE DAYSCHEDULEゼミナールのテーマは「黙るより、スベれ ! 」ゼミ生は、どんどんプレゼンテーションに強くなります !1957年 東京都生まれ。東京大学経済学部経済学科卒業(1980年)。日本専売公社、日本経済研究センター、経済企画庁総合計画局等を経て、‘91年から(株)三和総合研究所(現:三菱東京UFJリサーチ&コンサルティング)の主席研究員を経て、現在は獨協大学教授。専門分野はマクロ経済学、計量経済学、労働経済、教育計画。難しい『経済』を斬るその語り口は解りやすく、明快である。森永 卓郎 経済学部教授研究室には、専門分野の資料や書籍がギッシリ !121

元のページ 

page 123

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です