獨協大学 大学案内2018
122/160

語学を学びやすい環境を活かし、将来を見据えて計画的に学習将来は、経済学科で学んだ知識と語学力の双方を活かした仕事に就きたいと、英語はもちろん、第二外国語である中国語にも力を入れています。そのため、通学の電車の中も勉強時間として有効活用。また、図書館の発話トレーニングブースでは、インターネットを利用して英語の勉強ができるため、授業が終わった後は、パソコンでの英語学習や友だちとの勉強、サークル活動など、その日によってさまざまに過ごしています。オールインキャンパスでいろいろな学部の人と交流をするなか、毎日たくさんの刺激をもらっています。S.A 経済学科1年睡眠・12:00・6:0018:00・24:00・帰宅アルバイト授業サークル身支度起床授業ランチmy scheduleONE DAY SCHEDULEある日のスケジュール研究やスポーツに没頭したり、仲間や留学生との時間を大切にしたり、アルバイトで社会勉強をしたりと、獨協大学では100人が100通りの過ごし方をしています。そんな獨協生のリアルな一日を大公開!所属しているダンスサークルで踊る曲を聴きながら通学しています。電車の中ではテキストを読んだりテスト勉強をしたりして過ごすことも。9:00Sくんの一日学食にはいろいろなメニューがあるので、からあげ丼やラーメンなど日替わりで楽しんでいます。この日はボリュームたっぷりの油淋鶏!12:15全カリで第二言語の中国語を履修しています。毎週小テストがあるので毎日コツコツと勉強中。10:30サークルのない日は学生センターで友達と一緒に勉強しています。図書館で映画を鑑賞したり、パソコンで調べものをして過ごすこともあります。放課後120

元のページ  ../index.html#122

このブックを見る