獨協大学 大学案内2017
11/160

 英会話の向上とTOEICⓇのスコアアップが目標だったのですが、どのように勉強してよいかわからず、英語学習サポートルームを利用しました。そこで先生と面談し、自分に合った勉強法をアドバイスいただきました。「My DOC」やチャットルームを利用しているうちに、英語力が向上したことが実感でき、話すことが楽しく、知らぬ間に英語が好きになっていました。来年はサポートルームに支えられて培った力を活かしたく留学を考えています。THIS IS WHY…TOEIC®IPテストは、英語運用力を測る目安として就職時の審査でも重視されています。2年次修了までに、TOEIC® IPテストを計3回全学生が受験(受験料は大学負担)。スコアに合わせた習熟度別クラスで学びます。全カリ英語全学生が受験 !TOEIC®IPテスト全学生に英語力を英語学習サポートルーム英語学習に関する悩みや質問を、専門スタッフに相談できる□ドイツ語学科 □フランス語学科 □経済学科 □経営学科□国際環境経済学科 □法律学科 □国際関係法学科 □総合政策学科「国際社会で活躍するために必要な教養を全学生に」というコンセプトから生まれた全学共通カリキュラム英語部門の略称です。「一般学術目的の英語教育」と「自律学習者の育成」を目的としています。アカデミック英語の力を高め、「専攻分野+英語」の力を備えた国際人の育成をめざします。※英語学科・交流文化学科・言語文化学科は、学科独自のカリキュラムを用意しています。 英語学習の悩みを持つ学生を支援するスペースです。英語学習の方法を熟知したスタッフが、個別カウンセリングを通して、英語に関する悩みや疑問を理解し、個々の生活やスタイルに合った学習法や今後の目標などを一緒に考えます。入学してから卒業までの4年間の学習法、また留学や将来の就職に向けた対策など、英語自主学習のパートナーとしてお手伝いします。いつでも気軽に来てください。My DOC(Blackboard ®)PCによる自主学習を支えるラーニングマネジメントシステム。ミニ講座効果的な英語学習法を紹介する講座も開催。国際環境経済学科 3年I.N[平成21年度文部科学省の「大学教育推進プログラム」に採択された英語教育プログラム]TOEIC®IPスコアを参考に、習熟度別の少人数クラスを編成実力に合わせたレベル編成POINT 1リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング科目の設置4つのスキル別に開講POINT 2基礎文法、発音、資格英語、e-ラーニングなど、多様な選択科目豊富な選択科目POINT 3そのほかにも…レベルアップへの近道。意識が変わりましたVOICEWe are語学の獨協!09

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です