沖縄国際大学 大学案内2019
99/206

の弱い季語-その成立背景̶ | 日本語の「音」の響き̶商品名からみる音象徴の効果̶ | 沖縄における若者の書き言葉と話し言葉の意識調査 | うるま市兼箇段の屋取における待遇表現̶尊敬を対象に̶ | 南城市奥武方言における副詞の意味記述 | 物語に見る鬼の研究 | 昔話の研究̶̶「かちかち山」を中心に | 『源氏物語』の研究̶̶葵上について | 星を読む̶̶宮澤賢治作品漫画資料の現状と課題 | 県内公立図書館における職員意識に関する一考察 | 日本と諸外国の児童サービスの比較をとおして | 沖縄における移動図書館の現状と課題 | 日本人の通過儀礼にの感情表現比較 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」研究 | 安部公房「砂の女」研究 | 芥川龍之介「藪の中」研究 | 中島敦「山月記」研究 | 志賀直哉「城の崎にて」研究 | 福永武彦「冥府」研究 | 夏目口一葉「にごりえ」研究 | 太宰治「人間失格」研究 | 障害者表現に関する一考察-マスメディアにおける自主規制をめぐって- | 喫煙表現に関する一考察̶ドラマ・アニメの自主規制をめぐって | 同一性障害者に対する個人情報収集の課題 | 沖縄県における公共図書館の非正規雇用問題 | ボーイズラブにおける男性同性愛者の描かれ方 | 聴覚障害者サービスに関する一考察 イサーについて | 地域別にみる年日について | 歌三線奏者の在り方について | 沖縄の屋敷の御願̶祈りの言葉グイスについて̶ | 沖縄の民謡、琉球古典音楽からみる発原朝喜作品の研究 | 女吉屋つるの歌から読み護市呉我の屋号 | 能「芦刈」 | 創作| 西原町棚原の方言の継承活動 る沖縄のヒヌカン言の研究̶動詞南風原の民話につ子論̶作品の中| 「風の谷のナウロインの比較と少ヒロイン̶ | 福ら見る昔とる少女」研画を比較し(1954目の核が『DEATH 正義観か河鉄道の求めて銀論̶「死の中心に̶ 作品群とシャルカードゲーアニメ作品から転化と変遷につい譚」考察̶人と言泉八雲『怪談』研究 けについての一考コピーの言語表現うちなーやまとぅに関する一考察 にみる印象度調査 みる日本人のイケーションとリフる一を求めに関すどんなるのか国人日け身察 | ディアの「?や二十異記教材物語おける和泉語教語文芸能をのほそにおけギのおける読解 風景におけ育成 | 心を育む教育との関連からから見た方言教育を目指して- | 性 | 日本語の乱学生における成長ついて | 国語科読書の効果 | 日の出現頻度に関すの若者の話し言葉日本語の乱れにつ本語と比較して̶ 語-その成立背「音」の響き̶商品の効果̶ | 沖縄き言葉と話し言葉るま市兼箇段の屋現̶尊敬表現に島方言の形容詞 本』を用いた方言| 学校教育にお実践案̶宮古島| 南城市奥武方伊曽保物語の研究 | 龍の文化史的研究 | 学校図書館とボランティアの連携の現状と課題 | 沖縄の学校図書館における漫画資料の現状と課題 | 県内公立図書館における職員意識に関する一と織に関する考察 | 日中「仏教」の比較 | かるたの起源と派生 | 日韓「怒り」の感情表現比較 | 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」研究 | 安部公房「砂の女」研究 | 芥川龍之介「藪の中」研究 | 中島敦明に近いブルー」研究 | 小泉八雲「雪おんな」研究 | 夏目漱石「夢十夜」研究 | 夢野久作「瓶詰の地獄」研究 | 樋口一葉「に喫煙表現に関する一考察̶ドラマ・アニメの自主規制をめぐって | オタクメディアと報道倫理に関する一考察 | 児童書の表ボーイズラブにおける男性同性愛者の描かれ方 | 聴覚障害者サービスに関する一考察 | 都道府県立図書館の機能と役割分担に関する一考察 | ヤングアダルトサービスと「子どもの貧困」 | 琉琉球古典音楽からみる発音の違い | 普久原朝喜作品の研究 | 女流歌人恩納なべ・吉屋つるの歌から読み取る恋愛観 | 名護市呉我の屋号 | 組踊「花売の縁」と能「芦刈」 | 創作エ日本文化学科には12のゼミナールがあります。ゼミナールとは10名程度の少人数クラスで、卒業研究を行うための授業です。学生たちはそれぞれの研究室に所属し、各自が設定したテーマの下で長い時間をかけて調査・研究を行い、卒業論文を執筆していきます。ここでは2017年度の卒業研究から3つをご紹介します。西原町棚原の方言(アクセント)調査 - 音声学的実証を通して[ 2018年1月インタビュー ]日本文化学科では専門職を目指す学生が入学時には7割くらいいます。しかし、大学生になって、様々な学問や友人との出会いの中で視野が広がり、入学時には思いもよらなかったような進路に進む学生もたくさんいます。日文のカリキュラムの中心にある日本語学とは、言語コミュニケーションを学ぶ、社会人基礎力の修得のための学問です。この力はどのような進路にも必ず役立ちます。人生は長く、世界は広い! 進路をいますぐ決めないといけない、と焦らずに、好きなことを学びながら、じっくり将来のことを考えていくことができるのも日文の特徴です。「進路に悩んでいる人こそ日文へ!」。日本文化学科のカリキュラムに興味はあるのですが、将来の進路はまだ決まっていません。国語の先生、図書館司書、日本語教師志望以外でも受験できますか?QA日本文化学科のAO入試の評価基準はアドミッションポリシーとして公開されています。そこには性格的なことは書かれていませんので、おとなしい、という理由で合否が影響されることはありません。ただ、入学後の学びへの意欲をしっかりアピールできるか、ということは問われます。どのように意欲を伝えればよいか、詳しくは7月の2回目のオープンキャンパスで解説しますのでぜひ参加して下さい。(学科長の独り言:もともと日文を受験する高校生さんは読書が好きな真面目な物静かな方も多いので、そんなに気にしなくても大丈夫ですよ )AO入試に性格的な向き・不向きはありますか? 私はおとなしい性格なので、面接に自信がなくて、AO入試にチャレンジしようかどうか悩んでいます。QA受験生の皆様からよくある質問SNS(Twitter、Facebook)も情報満載です。おきこくにちぶん学科長は受験生のお世話係。疑問・質問なんでも受け付けます。学科長:山口真也  098-893-4192  yamaguchi@okiu.ac.jp 琉球語学ゼミでは、夏休みを利用して、離島や北部地区への方言調査旅行に出かけています。卒業研究のための調査のトレーニングをすることが大きな目的で、今年度は伊是名島に行ってきました。方言調査は初めての体験でしたので難しいところもたくさんありましたが、伊是名島の言葉の特徴として、 例えば、「なっている」の形を沖縄中南部で良く聞かれる「ナトーン」ではなく、「ナヨーン」という全く別の形で言っていて興味深かったです。また、方言調査では、島に生息している草花のことをみな「クサ」と言うと回答が返ってきたりしましたが、個々の具体的な草花の名称を聞くためには、調査にもっと工夫が必要であることも感じています。 卒業研究では、ゼミの同級生にも手伝ってもらいながら、出身地でもある西原町棚原の方言調査をチームで行いました。西原町という地区の言葉は首里方言と大きな違いはないと言われているのですが、棚原だけはアクセントに違いがある、ということを指摘した先行研究が発表されています。しかし、私が生活してきた中ではそうした相違点を感じることはありませんでした。そこで、80歳以上の話者の方に日常生活でよく使う語を200ほど話してもらって、首里方言とのアクセントの違いがあるかどうか、を音声学的に実証する研究を行いました。結論としては、棚原地区の方言は、首里方言のようなアクセントの対立はない、ということになりましたが、それがもともとの特徴なのか、ここ数年の変化なのか、最近の変化とすると原因は何か、については十分な検証ができなかったので、今後も考え続けていきたいと思っています。 方言調査では、年配の話者の方に「この言葉はこの地区ではどう言いますか?」と質問しても、なかなか回答が返ってこないことがたびたびありました。普段は標準語を使っているため、突然質問されても記憶がなかなか蘇らないようです。私たちのゼミでは方言を調査するだけでなく、継承することもテーマとして様々な活動をしています。「待ったなし」という意識をもって、ゼミでの継承活動にも力を入れていきたいです。GRADUATION THESIS 03枠の外の文字は2017年度の卒論のテーマ一覧です琉球語学ゼミナール所属中部商業高校出身城間裕介[ しろま ゆうすけ ]那覇西高校出身新垣保[ あらかき たもつ ]前原高校出身東恩納笙[ ひがしおんな しょう ]学科長に聞いてみよう!総合文化学部日本文化学科OKIU 2019 General Information Bulletin097

元のページ  ../index.html#99

このブックを見る