沖縄国際大学 大学案内2019
57/206

 この講義では、本部町・沖縄市・南城市の観光協会協力のもと地域の観光課題に対して解決策をプレゼンするPBL(Project Based Learning)を行います。それぞれ担当の地域をグループで視察し、何が必要で、どう地域の特性を活かすのか、発表に向けて何度も話し合い完成させます。実際にある課題を考えることで地域の現状を身近に捉えることができ、地域経済や観光状態について深く知ることができます。水谷 ゆりな地域環境政策学科 4年次那覇西高校出身[ みずたに ゆりな ] 沖縄独自の自然環境は、日常生活から観光産業まで幅広く密接な関係にあります。本講義は、その自然環境の中でもサンゴ礁、干潟、海草藻場などにフィールドワークへ行き、そこに棲む生物や環境が担う役割を理解しながら、環境資源の有効利用と保全について学びます。実際に現地へ足を運ぶことで、開発に伴った環境変化などリアルな現状を知ることができるため、自然に興味のある方におすすめです!竹場 蓮 [ たけば れん ]地域環境政策学科 4年次不来方高校(岩手県)出身自然環境のリアルな現状を知ることができます。授業紹介環境資源論04地域の課題に向き合いプレゼン能力を身につけませんか?授業紹介地域セミナーⅡ03経済学部地域環境政策学科OKIU 2019 General Information Bulletin055

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る