沖縄国際大学 大学案内2019
55/206

 ゼミナールとは担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。ゼミナールの概要地域経済や環境政策に対する見識と深い専門性を習得し、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる能力を磨きます。経済問題や環境問題など地域を取り巻く諸問題を解決するために必要な専門的知識を身につけます。3年次4年次演習Ⅰ・Ⅱ演習Ⅲ・Ⅳ沖縄経済論Ⅰ・Ⅱ島嶼経済論Ⅰ・Ⅱ国際経済論Ⅰ・Ⅱ計量経済学Ⅰ・Ⅱ産業連関論の基礎産業連関論の応用観光経済論地域開発論環境アセスメントⅠ・Ⅱ環境評価入門環境評価実践論環境会計環境経営廃棄物論情報社会論情報産業論観光情報論地理情報システム論Ⅰ・Ⅱ不動産評価論社会調査演習地域経済と産業地域経済と社会開発と環境環境と経済政策経済政策総論Ⅰ・Ⅱ労働経済学Ⅰ・Ⅱ証券市場論Ⅰ・Ⅱ公共経済学地域財政論Ⅰ・Ⅱ地方自治法社会科・地理歴史科教育法演習社会科・公民科教育法演習1年次「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」先生と学生のコミュニケーションを深め、基本的な読解力・情報収集能力・分析力をつけます。さらに、基本的なプレゼンテーション能力を身につけていきます。また、4月には1泊2日の合宿型ガイダンス(MT)を行い、親睦を深めます。2年次「地域セミナーⅠ・Ⅱ」様々なフィールドに出て、実際の経済問題・環境問題とそれらの解決法について学んでいきます。3年次の「演習Ⅰ・Ⅱ」の基礎として位置づけられます。3年次「演習Ⅰ・Ⅱ」より深く学びたいテーマについてゼミの指導教員を選びます。4年次の「演習Ⅲ・Ⅳ」の土台として、ゼミの仲間とともに学んでいきます。4年次「演習Ⅲ・Ⅳ」3年次の「演習Ⅰ・Ⅱ」を土台に、自分自身が決めたテーマについて深く考え、調べます。それを「卒業論文」としてまとめ、提出します。経済学部地域環境政策学科OKIU 2019 General Information Bulletin053

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る