沖縄国際大学 大学案内2018
179/212

 本専攻では、幅広い領域の心理学を学ぶことができます。基礎から応用、講義から演習・実習というように少しずつ段階を踏みながら、学んだ知識や技術を活かして、学生たちが自ら実践的・体験的に学べるようにカリキュラムが整えられています。 心理学の学びは、教員から話を聴いて知識を仕入れるだけの“耳学問”ではなく、自分たちが興味・関心を持った心理学的現象について、実際に実験や調査、HUMAN WELFARE - COUNSELINGQ3心理カウンセリング専攻に入学したら、どんな風に心理学を学ぶのですか?Q2心理カウンセラーの仕事がしたいのですが、どうすればいいですか?内唯一の第1種指定大学院を開設しています。1種指定とは、臨床心理士養成の教育・実習環境、スタッフ、カリキュラムが整っていることを示しており、本学大学院出身の臨床心理士は49名で、県内外の臨床現場で活躍しています。今年度は6名受験し4名が合格しました。大学院開設以降の通算合格率は94.2%と全国的にも高い実績です。学部の講義やゼミを担当する専任教員が全員、大学院の講義も担当しています。そのため、学部と大学院の連携もスムーズで学生も環境に適応しやすく、大学院に進学する学生の大きな魅力の一つになっています。 あなたが沖縄で心理カウンセラーの仕事をしたいと考えているなら、本学の臨床心理士養成第1種指定大学院に進学するのが最も近道だと言えます。 心の問題や悩みを抱えている方が増えている昨今、その解決や緩和を支援する心理カウンセラーの仕事は社会的にも注目を集めています。日本では、心理カウンセラーの国家資格である公認心理師資格がいよいよ本格的に動き出そうとしています。現時点では、心理カウンセラーになるためには、“臨床心理士資格”を取ることが必須条件と言えます。臨床心理士資格は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格ですが、最も専門性が高く、社会的にも認められている心理カウンセラーの資格と言えます。資格取得者は全国で約3万人を数え、スクールカウンセラーをはじめ、病院、教育・福祉施設、矯正施設など幅広い領域で活躍しています。 資格を取るためには、大学卒業後、資格認定協会が指定する臨床心理士養成指定大学院(2年間)に進学し、受験資格を得る必要があります。本学は、県A2A3面接、観察等を通して実証的に研究するところに、その醍醐味があります。 本専攻では、3年次から各教員いずれかのゼミ(研究室)に所属し、教員の専門分野と近い領域の研究テーマでグループ研究をしたり、個人研究をしたりすることができます。 例えば、初対面の他者と同席するような場面で不安や苦痛、負担を感じる傾向である「シャイネス」の概念を用いた研究があります。対人場面におい178OKIU 2018 General Information Bulletin総合文化学部人間福祉学科/心理カウンセリング専攻

元のページ  ../index.html#179

このブックを見る