沖縄国際大学 大学案内2019
149/206

HUMAN WELFARE - COUNSELING 市教育委員会の学習支援ボランティア、沖縄県警委嘱による大学生少年サポーター、国立沖縄病院の筋ジストロフィー患者の活動支援ボランティア等で多くの学生たちが熱心に活動しています。こうした様々な体験や活動を通して、社会人に必要とされる“コミュニケーション・スキル”を磨いています。 また、学生の中には国内協定校(桜美林大学、京都学園大学、札幌学院大学など、6校の協定校があります)や韓南大学校(韓国)へ半年間や1年間留学したり、海外インターンシップ研修制度を利用して2週間、中国企業での職場体験をしてきた学生もいます。さらには、法務省が実施する人間科学系インターンシップに応募し、実際に少年鑑別所や少年院で3日間の集中的な研修に参加し、業務体験をしている学生も毎年数名います。 心理学の知識や科学的な研究手法、データ解析のスキルなどは、ビジネスの現場で大いに役立ちます。例えば、あなたが何らかの商品を販売する会社に就職するとしましょう。商品の開発、広告・宣伝の仕方、商品を購入してもらうターゲットの選定、売上げや在庫の管理など、お客様のニーズを適確にキャッチし、損失を最小化し利益を上げ、かつ、お客様の満足度を高めるビジネスモデルを構築するためには、心理学の実証的な研究手法やデータ解析スキル等を用いて、人間の心や行動の法則を理解することが不可欠なのです。 こうした知識やスキルを身につけられるよう、本専攻ではゼミや卒論などの研究活動を通した実践的なプログラムを用意しています。ですから、心理学は就職に役立たないのではなく、就職に役立てられるかどうかは、あなたが本気で学ぶ姿勢次第だと言えるのです。 毎年度、1学年85~90名程度が卒業していきますが、その内の約1割が大学院に進学し、残りの大半は一般企業への就職となっています。業界としては、情報・通信業、金融業、卸・小売業、営業・販売業、観光・サービス業、アパレル業など、非常に多岐に渡っています。もちろん、心理学の専門的な学びを活かして医療・教育・福祉関係の企業に就職したり、企業の人事・採用部門でデータ分析や面接官の仕事をしていたり、役所や児童相談所で相談活動に従事している卒業生もいます。時折、大学で心理学を学んでも就職にはつながらないという声が聞かれますが、それは実態をよく知らないことによる誤解だと思われます。心理学は、人と関わる全ての仕事に活かすことが出来るのです。 例えば、モノを売るにも、人の話を聞くにも、人に何かを伝えるにも、より効果的・効率的な方法は何かということが、実際の心理学の研究や理論として科学的に探求されてきました。そうした地道な積み重ねを経て、現代ビジネスの最前線では個人の成功体験や勘に頼るのではなく、科学的な根拠やデータに基づくビジネス戦略が立てられるようになってきています。心理学はまさに、その中核を担っているのです。Q5心理学を学ぶと、どんな進路先があるのですか?A5総合文化学部人間福祉学科/心理カウンセリング専攻OKIU 2019 General Information Bulletin147

元のページ  ../index.html#149

このブックを見る