沖縄国際大学 大学案内2019
111/206

 卒業生の藤城孝輔さんはイギリスで博士号を取得し、沖縄映画研究の第1人者としての活躍が期待されています。活躍する先輩にお話しを聞いてみました!PICKUP!! 在学中は教職課程を履修しながら日本語教育の副専攻をとっていました。日本語教員養成課程の実習では台湾の東海大学に行きましたが、そのときに出会った友だちとはまだ連絡を取り合っています。また、4年生のときには1年間、北アイルランドのアルスター大学に交換留学で行ってきました。そこでフィルム・スタディーズ(映画学)の授業を履修したのが映画を学問として勉強したはじまりです。 ケント大学とキングズ・カレッジでは、本土復帰後の沖縄の映画について研究していました。映画については博士論文を書き始める前から多少の知識はありました。それに沖縄からイギリスに来て、沖縄の映画について研究するわけだから、ある程度自信をもって書けるだろうなと最初は思っていました。ところが、調べていくうちに映画が生まれた社会的な背景や沖縄の歴史についてもっと知る必要があることを知ります。それらも理解して、自分の言葉で説明できるようにならなければいけません。知らないことが多くなるにつれ、調べる量も容赦なく増していきます。博士論文に限らず、卒業論文などでもそうですけど、知るべきことが多くて大変ですね。 博士号取得後は、県内で沖縄映画研究会(https://sites.google.com/site/okinawancinema/)を設立し活動中です。在学生・受験生へのアドバイス 大学の4年間で自分のやりたいことや好きなことを見つけることができると大学生活は充実すると思います。仕事でも勉強でも他の人がやっているから自分もやらなければとか、世間体を保つためにやっておかないとまずいかなと思ってやるのは、あまり面白くないと思います。自分のやりたいことに時間や労力を使った方が楽しめるし、ずっと良い結果を出せると思いますよ。そういうのを探すことができるのが大学生活だと思います。藤城 孝輔(ふじき こうすけ)沖縄国際大学 総合文化学部英米言語文化学科 2008年卒業、沖縄国際大学大学院 地域文化研究科英米言語文化専攻 2010年修了、ケント大学(イギリス)映画学科修士課程 2011年修了、キングズ・カレッジ・ロンドン(イギリス)映画学科 2017年博士号取得(Ph.D. in Film Studies)※沖縄国際大学在学中に英検1級を最高得点で合格。卒業後もTOEICで990点満点を獲得する。総合文化学部英米言語文化学科OKIU 2019 General Information Bulletin109

元のページ  ../index.html#111

このブックを見る