武庫川女子大学 大学案内2018
81/144

MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30情報リテラシー Ⅱ疾病治療概論10:45~12:15生活の中の物理学臨床病態栄養学初期演習(生活と看護)解剖生理学 Ⅱ成人看護学概論13:05~14:35カウンセリングスキル微生物学と感染防御心理学入門小児看護学概論14:50~16:20英語リーディング(初級)16:30~18:00入院した子どもたちやご家族が前向きに闘病できるよう支援する。 子どもが入院すると病気の症状や痛みを伴う治療などで、辛くなったり不安になったりします。そのような状況でも、子どもたちが「病気に負けずに頑張ろう!」という気持ちを持ち続けられるように支援していくことが重要です。その方法の一つに「遊び」を取り入れた看護があります。小児看護学の授業では、病気の子どもを想定してその子の状況に合わせたおもちゃ作りや、絵本の読み聞かせをする演習を行っています。子どもたちがニコニコ笑顔になれるような看護師を目指して、武庫女で一緒に学びませんか。研究室Pick Up小児看護学分野 藤田 優一 准教授 子どもの頃から医療関係に関心があり、中学生の時点で看護師を目指そうと決めていました。大学の授業は、興味深い内容ばかりです。様々な疾病についての症状や病態、治療について学ぶ「疾病治療概論」では、同じ病気であっても症状や原因が違う場合もあるなど、人体の複雑さを知りました。「成人看護学概論」では、学生同士で乳がんの母親を想定した看護検討も体験。患者さんの不安を取り除くために、看護師としてどのように接すればよいのかを深く考えるきっかけになりました。 将来の目標は、少子高齢化の進んでいる地元へ戻り、地域の人々の健康を支えていくこと。そのために、2年次からは老年看護学を深く学んでいきたいと思います。今の目標は、まず看護師免許を取得すること。卒業後は、大学院へ進学して保健師の資格も取得する予定です。※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共共共共共[後期分]看護師はもちろん大学院で保健師の資格も取得して、地元の人々の健康を守る存在になりたい。■ 田上 優貴 さん (1年生) 私立 賢明女子学院高校出身学生メッセージTOPICS (トピックス) 自習や休憩で利用している看護科学館3階のコミュニケーションラウンジ。コンセントが豊富で便利です。私のおすすめスポット 一人暮らしなので、料理を頑張っています。食費の節約になりますし、栄養面にも気を使っています。現在、頑張って取り組んでいること 専任の教員は42人。教員1人当たりの学生数が少なく、手厚いサポートが可能です。学内での講義や演習だけでなく、病院や施設での実習においても、専任の教員が引率し責任を持って教育ができるように配慮をしています。 教員全員が看護師の資格を持ち、看護師または保健師、助産師としての実践経験があります。教授、准教授、講師の教員は博士の学位を持っており、研究で培われた高度な知識や技能を学生に教授することができます。 海外で修士、博士の学位を取得した教員や、発展途上国での医療援助活動の経験がある教員もおり、グローバルな看護教育が可能です。豊富な実践経験や教育経験のある教員からの手厚い指導ができるよう教育体制を整えました。Department of Nursing,School of Nursing看護学科看護学部Campus Guide 2018079

元のページ  ../index.html#81

このブックを見る