武庫川女子大学 大学案内2018
68/144

音楽学部応用音楽学科Department of Applied Music, School of Musicピアノ、声楽の個人レッスンで技能を高めながら実践力を培います。音楽療法では、学外施設での実習に加え、医学、心理学など幅広い分野を学習し、音楽活用では、音楽を様々な現場で生かす理論を学び、演習で理解を深めます。 1、2年では、音楽の基本的な知識や現場で必要とされる演奏技能などを固め、幅広く音楽の可能性を追究。実技科目としては、ピアノと声楽、その他実用的な楽器がありますが、特にピアノと声楽については、それぞれ個人レッスンを毎週1回45分間行います。音楽の基礎からしっかり学ぶ。1Point 将来の進路を見据え、音楽療法か音楽活用のゼミを選択します。それぞれのゼミで専修としての研究を深めるとともに、専修別の実習でより専門的な内容を実践的に学びます。3年次からは音楽療法専修と音楽活用専修に。2Point 音楽を生かした職業には、音楽療法士や文化施設の企画運営担当者、教員などがあり、一般企業でも、音楽の専門知識や技能を活用できる場がたくさんあります。就業体験としてのインターンシップはキャリアセンターだけでなく音楽学部でも独自に行っており、学生の就職支援を強化しています。学びと総合大学の強みを生かした堅実な将来へ。3Point■ 山上 祐欣 さん (2年生) 大阪市立高校出身中央キャンパス定員20人学びの特長066Mukogawa Women's University

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る