武庫川女子大学 大学案内2019
65/144

MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30フランス語 Ⅰ初期演習10:45~12:15主専実技 ⅠB学内演奏 Ⅰ副専声楽実技 ⅠB英語 B音楽史 Ⅰ13:05~14:35教育原理ソルフェージュ ⅠBフランス語 Ⅰイタリア語表現演習和声法 B14:50~16:20生徒指導・進路指導キャリアプランニングの基礎スポーツの楽しみ方合唱 Ⅰ16:30~18:00障害児の発達と教育研究室Pick Up声楽研究室 福原 寿美枝 教授 幼少期にピアノを始め、高校では音楽科に在籍。演奏の糧となる幅広い教養を身に付けたいと考え武庫川女子大学を選びました。入学後は新たな気付きの連続です。マンツーマンでレッスンを受ける「主専実技 ⅠB」では、演奏に深みを持たせるために、作曲家の生き方を知ることが不可欠であることを実感。曲が作られた背景なども調べてから練習に臨むようになりました。また「学内演奏 Ⅰ」は、プロの演奏を聴いたり、外国人講師によるレッスンを見学したりできる刺激的なひとときです。技術向上へのヒントを得ることで、演奏の意欲を高めることができました。 将来の進路は検討中。現在は共通教育科目の学びの中で、自分自身を見詰め直しているところです。適性や強みを把握した上で、ピアノを通じて培った「自ら考え表現する力」を生かせる仕事を見つけたいと思います。教教教※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共教職課程科目教共共共共[後期分]作曲者の生き方に思いをはせ、演奏に深みを持たせています。■ 三好 夢空 さん (1年生) 奈良県立 高円高校出身学生メッセージ各専修紹介 上級学年で難曲に挑戦できるよう、下級学年で発声の基本を徹底します。また合唱やオペラに加え、「声楽演奏研究」ではイタリア、ドイツ、フランス、日本の歌曲、オラトリオ・重唱等を、各分野のエキスパートから学びます。■声楽 個性を伸ばし確かなテクニックを習得するためのレッスンを行い、音楽の素晴らしさを表現する力を養います。また、他専修の学生と共に、アンサンブルの喜びを感じながら、伴奏や室内楽の技術も身に付けることができます。■ピアノ 個人レッスンにより独奏技術を高めつつ、管弦楽器奏者に必要な合奏技術を学びます。「合奏」の授業では、管弦楽専修の全学生にプロの演奏家である教員のほか、学外の演奏家も加わり、演奏技術や知識をバランスよく学ぶことができます。■管弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、クラリネット、サクソフォン)演奏奨学生入試に合格した場合、次のいずれかを適用します。詳しくは音楽学部までお問い合わせください。演奏学科では「演奏奨学生入試」制度を設けています。●学費を全額給付および入学金 (入学申込金)を全額免除●学費を半額給付および入学金 (入学申込金)を半額免除 目下、個人レッスンの課題として取り組んでいるのがベートーヴェンの楽曲です。彼の人生をひもとくと、引っ越しを繰り返していたなど、その人柄を物語る様々なエピソードがあり、ますます興味が高まっていきます。{楽譜}私のマストアイテム音楽を通じて社会の中で自分らしく生きる! 大学生になると、どんどん「自立」という言葉が身近なものとして感じられることでしょう。そして大学生活はそのためにも大切な時間です。多くの出会い、多くの経験によって人としてもますます成長するこの時期に音楽に携わることは、これまでの知識や技術を向上させるだけではなく、心の豊かさや感性、新しい視野を育ててくれます。 あなたも、この大学で育んだものを自分らしく、生き生きと社会で表現できる人になってください。Department of Performing Arts, School of Music演奏学科音楽学部Campus Guide 2019063

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る