武庫川女子大学 大学案内2019
50/144

卒業論文・研究テーマ紹介● ダイエットと女性の体型に対する考え方について● インジゴの色移りに対する脱色方法に関する試み● 豊中市ふるさと納税返礼品の提案 ―授産施設によるブックカバー制作の企画とデザイン―● 現代の天然染料工業染色から考える天然染料の商品的価値● 学びを育む仕掛け付き玩具としての子供服提案● フランス人女子大生の社交に関する考察のための実験● 健康まちづくりに関する基礎的調査 ―大阪府豊能町における提案―● マンションリノベーションの可能性について ―中古マンションにおける実践的研究―● お粥専門店「Kayuru」の提案● umekonomi ―新しい梅干し専門店の提案―カリキュラム主な開講科目生活環境を衣服から住居、都市空間まで一連のものとして捉え、物的環境と人との相互関係を概説します。生活環境論形態、色、文様、素材などの服飾デザインの要素に注目し、作品を手掛かりにしながら造形的な効果や表現を展望します。服飾デザイン論住宅と住生活を取り巻く技術的、社会的問題を学び、豊かで快適な住生活を深く洞察できる能力を養います。住居学大学での教育・研究の総仕上げとして、生活環境学の各分野の課題を発掘し、研究・調査・設計・制作を行います。卒業研究人間にとって着心地の良い衣服とは何かという理念を持って、種々の観点から衣服の構造原理を学びます。アパレル構成学トレンドやマーケットから情報を収集し、マーケットインできるデザインを起こし、その制作を行います。ファッションデザイン演習生活文化に関する諸テーマに注目し、分析することで、生活文化の読み取りと価値付けを演習します。生活文化演習 Ⅰ〜Ⅲインテリアを含む建築物の設計を、生活行為を考慮した設計条件の整理、エスキス、製図、模型表現を通じて学びます。建築・インテリア設計 Ⅰ・Ⅱ近代建築の主要な流れを、時代背景とともに把握しながら、その理念・方法・特徴について理解します。近代建築論繊維製品の染色や加工について、染料の知識、染色の原理、変退色などのトラブルの原因や対策を学びます。染色加工学環境工学実験光、音、空気に関連した事象、住空間の広さを視覚的、生理的または使用感の評価を通して考察します。まちづくり論 Ⅰ・Ⅱ「まちづくり」について、要請される経緯と必要性、目的、手法、事例、コーディネートの知識や技術を紹介します。1年次2年次3年次4年次基礎教育科目初期演習情報リテラシーOral Communication生活環境英語専門教育科目生活環境論家庭生活論生活科学生活科学演習ファッションビジネス論アパレル構成学服飾デザイン論アパレル構成学実習 Ⅰ基礎造形実習グラフィックデザイン基礎実習インテリアデザイン論環境共生概論環境デザイン演習住居学建築概論基礎・設計製図演習建築設計基礎実習フィールドサーベイ基礎演習海外語学研修海外の生活環境研修 Ⅰ生活文化演習 Ⅰ生活文化演習 Ⅱ色彩学統計学統計調査演習阪神間文化論海外の生活環境研修 Ⅱ繊維学界面科学繊維製品材料学界面科学実験繊維科学実験消費生活論繊維製品材料学実験品質管理アパレル設計生産論消費科学衣料分析法アパレル企画論スタイル画実習アパレル構成学実習 ⅡドラフティングCAD実習 ⅠドラフティングCAD実習 Ⅱ服飾史ファッションコンピュータ実習VMD演習テキスタイルデザイン実習 Ⅰテキスタイルデザイン実習 Ⅱ生活デザイン実習 Ⅰ生活デザイン実習 Ⅱインテリア雑貨制作実習生活デザイン論CADプレゼンテーション実習視覚文化論人間工学人間工学実験 Ⅰ建築材料学環境工学環境工学実験建築造形演習建築CAD実習日本建築史世界建築史構造力学 Ⅰ構造力学 Ⅰ 演習構造力学 Ⅱ構造力学 Ⅱ 演習建築一般構造 Ⅰ建築計画学 Ⅰ建築・インテリア設計 Ⅰ景観論フィールドデザイン演習 Ⅰフィールドデザイン演習 Ⅱフィールドデザイン特別演習プレゼンテーション演習まちづくり論 Ⅰ地域デザイン論卒業基礎演習生活文化演習 Ⅲ生活美学衣環境学染色加工学染色加工学実験アパレル生産実習 Aアパレル生産実習 B新機能材料学衣環境実験ドレーピング実習現代ファッション論ファッションデザイン演習生活デザイン実習 Ⅲ生活デザイン実習 Ⅳデザインリサーチ実習インテリアテキスタイル概論人間工学実験 Ⅱ環境リスク学環境計画 Ⅰ環境計画 Ⅱ環境計画実習 Ⅰ環境計画実習 Ⅱ福祉生活環境概論福祉住環境実習建築施工建築設備建築計画学 Ⅱ近代建築論建築・インテリア設計 Ⅱ建築一般構造 Ⅱ建築法規都市・建築設計現代建築論フィールドデザイン演習 Ⅲまちづくり論 Ⅱ造園学・同演習卒業研究テキスタイルアドバイザー実習建築材料学実験測量実習食物学家庭工学保育学調理学実習〈TOEIC認定英語 Ⅰ~Ⅳ〉1~4年次において、学科が指定するTOEICの基準に到達すれば、その程度に応じて基礎教育科目の単位として認定されます(2~8単位)。※所属するコースによっては履修できない科目もあります。特別教育科目(P.093参照)共通教育科目(P.092参照)※現在、カリキュラムの再編成を行っています。科目名や開講時期は変更になる場合があります。生活環境学部 生活環境学科Mukogawa Women's University048

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る