武庫川女子大学 大学案内2018
45/144

MONTUEWEDTHUFRISAT 9:00~10:30バスケットボールスポーツの文化・歴史アスレティックトレーニング論教職入門10:45~12:15微生物がつくる発酵食品の不思議運動器の解剖と機能 Ⅰダンス Ⅰ13:05~14:35運動生理学 Ⅰ情報リテラシー14:50~16:20スポーツと栄養基礎英語 Ⅰ初期演習健康・スポーツ科学論16:30~18:00“コーチは職人”。研究活動を通じて、自らのパフォーマンス向上、そしてトップコーチになるためのスキルアップに励もう! 当研究室のテーマは「指導現場に有用な知見を発信する」ことと、「研究活動を通じて自らのパフォーマンスを向上させる」こと。研究室には、バスケットボールなど球技種目を専門とする学生もいれば、水泳や陸上など個人種目を専門とする学生もいます。日々熱く学生アスリートとして頑張りながら、指導者を志しています。現在、私が取り組んでいるのは「トップコーチのチームづくりに関する質的研究」。国際大会で成果を収めているコーチにインタビューをし、“チームづくりのコツ”を明らかにしていきます。学生たちには研究活動を通じて、学生アスリートとしても、コーチを志す者としても、成長していってもらいたいと願っています。研究室Pick Upスポーツコーチング研究室 松木 優也 講師  大学ではスポーツを専門的に学ぶとともに陸上競技の短距離選手として成長したいと思っています。陸上競技部のレベルが高く、トレーニング施設も充実している武庫川女子大学は、理想的な環境だと感じました。 授業は、実用的な内容ばかりです。「運動器の解剖と機能 Ⅰ」では、骨、筋肉、神経の各名称や役割などを学習。自分がけがをした際も部位の特定や適切な対処ができるようになりました。身体の機能や連動性などを学ぶ「健康・スポーツ科学論」では、筋肉には瞬発力に関わる速筋と持久力に関わる遅筋があることや筋肉の反応速度などを知りました。スポーツや運動の専門知識を学び、理解を深めるのは楽しいですし、効果的な練習など競技面にも活用しています。卒業後は、学んだことを生かしてスポーツインストラクターになりたいです。※記載している科目名は、学生が入学した年度のカリキュラムによるものです。共通教育科目共共共[前期分]科学的な知識を学ぶことで、スポーツをより深く理解。陸上競技のパフォーマンス向上にも役立っています。■ 杉浦 真弥 さん (1年生) 私立 夙川学院高校出身学生メッセージCOURSE (コース紹介) 第2体育館2階のトレーニングルームです。クラブ活動のほか、個人トレーニングでもよく利用しています。私のおすすめスポット 陸上競技部の活動です。400m競技で全国大会の決勝に出ることを目標に、日々の練習に励んでいます。現在、頑張って取り組んでいること 中学校・高等学校の保健体育科教員として活躍することを目指し、授業研究や教材づくりを学び、実践します。豊かな人間性と専門的能力を兼ね備えた、信頼される教員となることをバックアップします。■スポーツ教育コース スポーツパフォーマンス向上のために、ジュニア期における効果的な指導方法について学びます。最新の研究結果に基づいた高度で専門的な理論を学び、指導力・実践力を高めることを目指します。■スポーツ科学コース 健康の維持・増進、スポーツマネジメントの理論を学び、実践を通して、スポーツ・レクリエーション活動やスポーツ組織のマネジメントに関するスキルを身に付け、活躍できる人材を目指します。■健康運動科学コース3年次からはコース制。コース特色科目を開講。Department of Health and Sports Sciences,School of Health and Sports Sciences健康・スポーツ科学科健康・スポーツ科学部 Campus Guide 2018043

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る